但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

2015-12-15から1日間の記事一覧

第3章 2.日本はヒボコより以前から鉄の産地だった

天日槍(以下、ヒボコ)という名前から、ヒボコは鉄の技術者、もしくは製鉄に関わる人びとの総称であったり、武神を連想させる。 しかしこれは、鉾・矛が鉄製の武器である、日本にはそれまで鉄器がなかったのだとの思い込みである。記紀にはどこにも天日槍と…

第2章 4.アメノヒボコとツヌガアラシトは同一人物なのか?

ヒボコと 若狭・越前のヒボコゆかりの神社 『日本書紀』ヒボコは菟道河うぢがは(=宇治川)を遡り、近江国の吾名邑あなのむら、若狭国わかさのくにを経て但馬国に住処すみかを定めた。若狭・越前にヒボコゆかりの神社がある。 越前国一宮 氣比(ケヒ)神宮 …

第一章 1.天日槍(あめのひぼこ)の謎

1.天日槍(あめのひぼこ)の謎 荒神谷博物館(左から銅戈・銅鐸・銅矛) 天日槍(あめのひぼこ、以下ヒボコ)は、但馬(たじま・兵庫県北部・旧国名)に住んでいる人なら知らない人はまずいない。新羅の王子で日本にやって来て、但馬・出石に留まり、帰化し…

はじめに 天日槍(あめのひぼこ)の謎

[caption id=“attachment_146606” align=“alignnone” width=“300”] 但馬国一宮出石神社本殿鰹木[/caption] はじめに 但馬に暮らす人々にとって、アメノヒボコを知らない人はまずいないであろう。 但馬の国はどのように誕生し、我々祖先はここに暮らしてきた…