但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

▼コラム

但馬西部の神社と歴史を調べ中

但馬たじまの大川である円山まるやま川流域にある朝来市・養父市・豊岡市に比べて、但馬の西部は、郷土に半世紀生きてきて、知らないことがまだまだ多い。円山川流域以外の地域は、それぞれの川と地形による個々のはじまりと文化がある。なかでも新温泉町と…

韓國神社と城崎郡司・物部韓国連

但馬には式内社が全国的に見ても5番目と大変多い。大和や伊勢、出雲、近江はわかるが、その次に多いのは不思議である。結論から先に言えば、都(大和)から朝鮮半島へ通じる最短地点であったからだと考えている。式内社や重要な神社は、歴史(郷土史)のラン…

歴史は史実の新発見において語るべきもの

【考察】糸井造と池田古墳長持型石棺の主 (宿南保氏『但馬史研究』第31号 平成20年3月)での内容である。 当時の私は、まだ式内社について現地調査もままならない時期であり、朝来市和田山町糸井と大和(奈良県川西町)に残る糸井神社や三宅町にある上…

式内社の廃絶と論社

延喜式神名帳に記載されている神社を式内社というが、平安期に作成されたその記載から、江戸期にはすでにその神社が廃絶となったり、その論社であるとする神社が多々ある。 当時、延喜式に記載された各地の神社が指定された経緯は、当時のその土地の歴史を知…

国道482号 酷道小代行き止まりを辿る

このブログタイトルである祢布(にょう)交差点は、当店が位置する場所に近く、国道312号と482号の交差するクロスロード。その東西に通るのが国道482号です。 実は但馬に生まれ旧美方町に行くのはよく憶えてないのですが初めてではないだろうか。 大きな地図…

秦氏などの渡来人と日本の文化

秦氏については以前にも http://koujiyama.at.webry.info/201002/article_94.html などで触れたが、渡来人と日本の文化の発展について考えてみる。 ただし、ここでは渡来人とは歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住し…

渡来人の活躍が蘇我氏の成長をもたらした

関裕二氏は、『古代史謎解きの「キーパーソン50」』で、蘇我氏についてこう記している。 蘇我氏の業績 蘇我氏の全盛期は、蘇我馬子、蝦夷、入鹿の三代である。六世紀後半から七世紀前半にかけてのことだ。その基礎を築いたのは、馬子の父・稲目が娘たちを盛…

初代天皇と物部の関わり

『古代史の秘密を握る人たち: 封印された「歴史の闇」に迫る』 著者: 関裕二によると(一部改訂)、 『日本書紀』の記述に従えば、神武天皇は今から二千年(2600年)以上も前にヤマトにやってきて、一大王朝を築いたということになる。しかしそうなると…

歴史の両側(1) 『東京裁判』 学校で教えてくれなかった近現代(55)

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=Cx5Wyl8C8YI&hl=ja&fs=1&] 凛として愛(7/7) 『凛として愛』 靖国神社で会おう 2006年12月13日(土)13時30分より、皇居北の丸公園・科学技術館サイエンスホールにて、《判決60年特別企画シンポジウム》「今あらた…

【衆議院選挙】(1) 衆議院選挙公示

18日の今日、いよいよ衆議院選挙が公示されました。 もはや民主党が多数を占めるだろうことは、疑いないでしょう。 産経IZA 【から(韓)くに便り】志賀直哉の韓国体験 2009/08/18 15:32 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/291185/ コラ…

世界では軍人は最も尊敬されている

産経 「家の小さなころからの行事。大臣だろうとなかろうと野田聖子として参拝している」。自民党には消費者行政担当相の野田のような閣僚もいるが、多くの議員は「中韓との軋轢(あつれき)は避けたい」と、靖国から遠ざかる。 自民党群馬県連で長年事務局…

ロシアとアメリカの交渉

ロシアが北方領土への日本側の人道支援を拒否する姿勢を打ち出した背景には、「ソ連崩壊以降の困窮状態を脱し、経済復興を成し遂げたロシアには、もはや支援は不要だ」という自負がちらつく。崩壊したときが交渉のチャンスだったと思いますが、日本政府の外…

原爆記念式典も大事だが靖国参拝をわすれてはならない

外遊演説やテレビ出演、講演より、もいま麻生総理がやるべきことは、まず8月15日の靖国神社公式参拝です。 それは多くの識者がみんなそういっています。 日下公人の「現実主義に目覚めよ、日本」 世界宗教のいいところを取り込んだ「日本教」 2009/07/24 …

終戦記念日と靖国神社

八月十五日、終戦記念日。国の公式行事として英霊に対して天皇陛下、首相など国を代表して靖国神社に参拝し、12時のサイレントともに戦没者に黙祷を捧げ、武道館で戦没者追討慰霊式典が行われる。 評論家、西村 幸祐氏は 一部のマスコミがほとんどが安直な…

東條英樹とルーズベルト

日本文かチャンネル桜 桜塾講座-世界偉人伝「東條英樹とルーズベルト(前編)」 講師:渡部昇一(上智大学名誉教授)7.29 水曜日 22:00-23:00 渡部先生の話は、穏やかな口調の中に芯の通った美しい日本の歴史や価値観が聴けて尊敬する先生の一人…