但馬国ねっと風土記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

5 生野本陣解散

生野本陣破陣 10月12日午後10時 解散 ●多田弥太郎 南らを説得できず、諦めた多田弥太郎は黒田興一郎と共に沢卿のいる生野の陣営に戻り、沢卿に但馬脱出を勧めた。各部署巡視の名目で逃走した沢卿のために、「軍備を整え再挙を謀らねば大和と同じ運命を見る」…

3 挙兵

十月十一日 沢卿一行は生野へ入る 十月十一日 沢卿一行は生野へ入る。 屋形村で合流した沢卿一行は生野街道を北上し、午後2時ごろに森垣村の延応寺に到着した。一行は京都の姉小路五郎丸とその主従であると言い、延応寺を休息所として利用した。この日のこと…

6 終結

生野義挙終結まで 10月14日 山伏岩の自刃 「山伏岩(自決岩)」 山口護国神社内 文久3年(1863年)10月14日 そのころ、小河吉三郎(大川藤蔵)は養父郡能座村のサケジ谷(朝来市山内)というところにいた。伊藤龍太郎が妙見山の南側の陣に行く前に、小河は南…

4 生野代官所占拠

10月12日 生野代官所占拠 生野代官所跡(朝来市生野町口銀谷) 午前2時、陣容が整うと直ちに出陣の用意に取り掛かった。物々しい様相に丹後屋太田治郎左衛門は代官所に注進した。これを聞いた元締武井庄五郎はただちに密使を出石に差し向けた。 やがて、南八…

2 生野義挙への動き

生野義挙(生野の変)への前夜 文久3年(1863年)8月、吉村寅太郎、松本奎堂、藤本鉄石ら尊攘派浪士の天誅組は孝明天皇の大和行幸の魁たらんと欲し、前侍従中山忠光を擁して大和国へ入り、8月17日に五条代官所を襲撃して挙兵した。代官所を占拠した天誅組は…

1 なぜ但馬生野で挙兵したのか

但馬は石見・佐渡と並ぶ幕府の三大鉱山として栄えた生野銀山を筆頭に、明延、神子畑、中瀬、阿瀬等の金・銀などを産出する鉱山が各所にあったことからも幕府直轄領(天領)が多くあった。 1716年(享保元)、織田信長から豊臣秀吉および江戸幕府により置かれて…

日本三大義挙 生野義挙

[wc_button type="primary" url="http://webplantmedia.com" title="Visit Site" target="self" position="float"]生野義挙(生野の変)[/wc_button] 江戸時代後期の文久3年(1863年)10月、但馬国生野(兵庫県生野町)において尊皇攘夷派が挙兵した事件が起…