但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

豊岡市日高町

気多郡道場・久斗の市場

気多郡(今の豊岡市日高町)は但馬国の国府が置かれた場所で、『日本後紀』延暦23(804)年正月の条に、「高田郷に遷す」という記述が残っており、気多郡のおそらく国府地区周辺から高田郷に移転したのは、袮布ガ森遺跡から多量の木簡などが見つかり間違いな…

南構遺跡(兵庫県豊岡市日高町久斗)について

[gallery ids=“343897,343898,343899,343900”] いただいたパンフレットから 去る10月26日(土)、一般国道483号北近畿豊岡自動車道(八鹿豊岡南道路)の建設に伴い、豊岡市久斗(本籍は祢布)の南構遺跡の現地説明会が行われました。当日告知があったのかな…

北近畿豊岡自動車道日高工事進捗と豊岡市日高町南構遺跡

兵庫県豊岡市日高町祢布字南構 昨日、当店のすぐそばの北近畿豊岡自動車道日高工事現場で南構遺跡の現地説明会が行われていたようです。 南構遺跡:古墳時代の住居跡 12棟発見、但馬国府移転と関連か−−日高 /兵庫 毎日新聞 2013年10月24日 地方版 県教委は…

気多郡狭沼郷(八代村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

気多郡気多郷(国府村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

気多郡太多郷(西気村・清滝村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

【地名地誌】 十戸(じゅうご)と石井

十戸(じゅうご) 神鍋高原へ向かう国道482号は、かつては西気道といって、但馬国府から稲葉川上流まで西へ進み、蘇武峠を越えて村岡の山陰道に合流する近道として因幡へ抜ける重要な道であったようだ。 十戸には名神大 戸神社があり、その神戸から由来する…

【地名地誌】 日高村(気多郡日置郷・高田郷・高生郷)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示 『国司文書 但馬郷名記抄』 孝徳天皇大化2年、いわゆる大化改新による諸制度一新の詔勅に基づき、翌3年、本郡高田邑に兵庫を建て軍団を置く。 高田郷は高機郷なり。大初瀬幼武天皇(雄略)の御世十六年夏六月、秦の伴…

【地名地誌】 気多郡三方郷(三方村)

三方郷 倭名類聚抄(倭名抄) 訓:美加太 弘安大田文に、三方荘、田59町、熊野山領觀音寺の田9町。 但馬考に、今の三方荘は、芝・安良川(今の荒川)・猪子垣・廣井・殿・栗山・觀音寺・知見・三所の10邑(村は当時は邑と書く) 寛仁期に創建されたという觀…

【地名地誌】 高生郷の地下(じげ)

『国司文書別記 但馬郷名記抄 第一巻・気多郡郷名記抄』に、 古語は多可布(タカフ) 高生郷は、威田臣荒人(いだおみあらびと)の裔、威田臣高生在住の地なり。この故に高生と名づく。矢作部(ヤハギベ)・善威田(ヨヒダ)・善原(エバラ)・稲長(イナガ…

【地名地誌】 気多郡の由来について

兵庫県豊岡市日高町は、2005年(平成17年)、豊岡市周辺の城崎郡城崎町・竹野町・日高町、出石郡出石町・但東町と対等合併し、兵庫県で面積が一番大きい市となった。それまでは城崎郡日高町であった。さらに、1896年(明治29年)に郡の統合があり、美含郡と…

【地名地誌】 幻の地名 気多郡手邊(テナベ・タナベ・テヘン)

気多郡手邊(辺・てなべ・たなべ) 兵庫県豊岡市日高町の府市場・府中新の辺りは、府市場の人に聞くと、昭和30年代までは手辺(てへん)と言っていたそうだ。手辺は現在のどこに当たるのか? (上)豊岡市日高町府中新・(下)〃府市場 ネットで江戸後期の地…

但馬の火山 神鍋山

神鍋山 万場から神鍋山を望む わが日高町の神鍋(かんなべ)地区は、関西のスキー場として古くから知られるが、旧火山の神鍋山を中心に高原が広がり古来から人が早くから住み始めた。 兵庫県豊岡市日高町にある神鍋山は、大正時代に開かれた関西初のスキー場…

【たじまる】 井東勇先生宅跡

兵庫県豊岡市日高町八代 かわいいアーチ型の窓が目を引きます。 新しい道ができるまでは旧道からは高い場所で気がつかなかったのですが、ドライブ中に変わったデザインの建物がふと目に留まり、寺院かな?と訪ねてみました。 今まで町内に住んでいてまったく…

グンゼ日高工場跡

但馬はかつて養蚕が盛んで、京都府綾部市に本社を置く(現在は大阪市)グンゼ製糸(株)の工場が但馬にも多くありました。山陰本線沿いに、梁瀬工場、養父工場、八鹿工場、そして日高工場です。それらの工場は梁瀬を除き平成になって閉鎖されました。 最近ま…

日高町商工会館

1935年(昭和10年)頃に旧日高町役場として建設。1982年(昭和57年)まで利用され、新庁舎移転に伴いその役目を終えて、日高町商工会館として使われています。歴史を感じる階段、会議室の照明、昇降エレベーターが今も動いています。グンゼ日高工場の事務所…

祢布(にょう)城山

豊岡市日高町祢布 当店の国道482号交差点北側に、いかにも城山らしい頂上が平坦な小山があります。東西南北が見渡せる位置にあり、楯石神社があります。垣屋氏の宵田城が南に向かい合い、国分寺城が東にあります。 私はここにお城があったことを最近まで知り…

但馬国分寺址

> 豊岡市日高町国分寺 石碑には昭和七年と記してあるので、それ以前から発見されていたものでしょう。 付近は復元に向けて整備が進められつつあります。 遺物などは但馬国府国分寺館に展示してあります。

但馬国分尼寺址

> 豊岡市日高町山本(日高東中前) 日高東中校門前に国分尼寺の礎石があります。通っていた頃から知っていたがその頃はそんなに興味はなく、、、。 伊能忠敬が測量した時には7個の礎石が確認できたと記してありますが、現在は1個のみが残っています。

三方軽便鉄道廃線跡

>あまりに好天なのでドライブがてら三方軽便鉄道(但馬鉄道)跡を辿ってきました。

三方軽便鉄道廃線跡を辿る

[catlist categorypage=”yes”]>あまりに好天なのでドライブがてら三方軽便鉄道(但馬鉄道)跡を辿ってきました。

三方富士【豊岡市日高町観音寺】

旧日高町を神鍋方面へ向かう途中に、一風変わった山が見えます。地元では「三方富士」という愛称で呼ばれています。 かつてここには「鶴ヶ峰城」という城があったのだそうです。 気多郡は、山名四天王のひとり垣屋氏の本城で、「楽々隅城」が佐田区の南方に…

【たじまる】 涼しい風景「滝」

日高町の阿瀬渓谷48滝が有名ですが、主な2つの滝をご紹介します。 八反の滝 豊岡市日高町名色 蒸し暑い時節ですので涼しい風景を。 地元近辺の2つの滝をご紹介します。 「八反の滝」 日高町名色 別荘地と但馬ドームがある。 「十戸(じゅうご)の滝」 豊…

舂米(つくよね)神社とわが区のつながり

[catlist categorypage=”yes”] さて、平成12年11月19日(日)わたしたち日高町東構区8組(隣保)一行は、東構区舂米神社の本社である鳥取県若桜町舂米(つくよね)を訪れた。(ちょっとお恥ずかしい記念撮影おばっ) 正直に言ってそれほどすごい神さんとは…