但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

01 但馬故事記序

第53代淳和天皇のとき、国司の解状を郡司に下して、その郡の旧記を進ぜさせる。

朝来あさこの小領(1)  従八位下 和田山守部臣わだやまのもりべのおみ 養父やぶの大領(1)  従八位上 荒島宿祢利実あらしまのすくねとしみ 出石いずしの大領   正八位上 小野朝臣吉麿おののあそんよしまろ 城崎きのさきの大領    〃   佐伯直弘麿さえきのあたえひろまろ 美含みくみの大領   正八位下 佐自努公近通さじのきみちかみち 七美しつみの大領   従八位上 兎束臣百足うづかのおみむかで 二方ふたかたの大領   正八位上 岸田臣公助きしだのおみきみすけ 等

互いに前後して、これを国衙に書き記して上申した。

その書は実に30余りの多さに至った。 したがって、多くの中から取り上げて正確と認められるものを選び記録した。

神代の時代から今の時代までで終わる。 むかし、第17代履中天皇が、史官を諸国につかわし、まつりごとの損得を記すようにいわれた。

但馬は、記録がばらばらになって行方がわからないが、養父郡の兵庫やぐら(*2)にあった。その記録を取り寄せ閲覧した。 その中に但馬県記、国造記があった。記録の最後に大蔵宿祢おおくらのすくねと署名がある。もしかすると、大蔵氏の蔵書か。

多くの中から旧伝に関係あるものを要点を抜き出して記録した。そうはいっても、誤った言い伝えや別のことがその中に無いとも限らない。

第43代元明天皇のとき、「但馬風土記」を作り、国学寮(*3)が管理していた。 その記が第57代陽成天皇のとき、火災に遭い焼失してしまった。堪えられないほど残念だ。

本書は、弘仁5年(814)春正月に書き始め(*4)、天延2年(974)冬12月に至る。 その間、年を経ること、158年、日を積むこと1,896日、稿を替えること79回の多さに及んだ。 (なんと約160年という全く気が遠くなるような長い年月。)

そしてこれに従事する者 国学カミ(3) 国博士 文部モンブ吉士キシ(5)良道、 国学スケ   菅野朝臣スガノノアソン(6) 資道モトミチ国学ジョウ   真神田首マカミダノオビト(7) 尊良タカナガ国学サカン   陽候史ヤコノフビト(*8) 真佐伎マサキ

稿を続けてこれを編成する者 明法博士 得業生トクゴウショウ(9) 但馬権博士ゴンノハクジ(10) 讃岐朝臣 永直、 国学頭 国博士 膳臣カシワデ 法経ノリツネ、及び 国学頭 菅野朝臣 資倶モトトモ国学助 真神田首 光尊ミツタカ国学允 文部の吉士 経道ツネミチ国学属 陽候史 真志珂マシカ 等

そしてそれは旧事記・古事記日本書紀は帝都の旧史である。 この書は、但馬の旧史である。

したがって、帝都の旧史に欠けた箇所があれば、その都度この書をもって補うべく、但馬の旧史に漏れがあれば、その都度、帝都の正史をもって補う。

といっても、これらの書は、神武天皇以来推古天皇に至る記事である。年月は実に怪しい。しかしだからといって書かなければ、国の変遷をうかがえない。したがって、少しは古伝旧記に従い、補填し、少しも私意を加えない。

また、故意に削らず、編集するのみ。

もとより、大昔の記事は、帝都の正史といえども荒唐無稽な事がなきにしもあらず。私史家などはさらにそうである。

これからこの書を見る人は、その使えるところは使い、捨てるべきは捨てて、但馬の旧事を知られれば、言うまでもなく切に願う。この書もまた正史と同じく一覧の価値がある。編集に際し、前書きにて上述のとおり。

天延三年(975・平安時代後期)春正月

国司文書総目録

第 一巻 気多郡故事記 〃 二〃 朝来郡 〃 〃 三〃 養父郡 〃 〃 四〃 城崎郡 〃 〃 五〃 出石郡 〃 〃 六〃 美含郡 〃 〃 七〃 七美郡 〃 〃 八〃 二方郡 〃 〃 九〃 古事大観録上 〃 十〃  〃   中 〃十一〃  〃   下 〃十二〃 気多郡神社系譜伝 〃十三〃 朝来郡  〃 〃十四〃 養父郡  〃 〃十五〃 出石郡  〃 〃十六〃 城崎郡  〃 〃十七〃 美含郡  〃 〃十八〃 七美郡  〃 〃十九〃 二方郡  〃

以上


[註] 律令からの難解な人名漢字にある役職なども、その決まり事を知れば、さらに深まる。 1 郡司 国司の下で郡を治めた地方官。大領・少領・主政・主帳の四等官からなり、主に国造(くにのみやつこ)などの地方豪族が世襲的に任ぜられた。また、特に長官の大領をいう。 2 兵庫(やぐら) 軍団は7世紀末か8世紀初めから11世紀までの日本に設けられた軍事組織。国司のもとに最初は但馬の場合、北部の気多軍団・南部の朝来軍団の2つが置かれ、その後郡ごとに置かれるようになる。兵庫はその武器庫かつ軍団の集まる建物 3 国学寮 寮(つかさ・りょう)は古代日本の令制時代では役所の種類 官人育成のために都に大学寮、各律令国国府に1校の国学寮の併設が義務付けられた。 四等官四等官制 カミ(長官)、スケ(次官)、ジョウ(判官)、サカン(主典) 4 本書は、弘仁5年(814年)春正月に書き始め 第53代淳和天皇の在位は、弘仁14年4月27日(823年6月9日)から天長10年2月28日(833年3月22日))まで。淳和天皇の在位に国司の解状を郡司に下して、その郡の旧記を進ぜさせたとあり、そこに国府の気多郡が含まれていないので、気多郡については、淳和天皇在位以前の弘仁5年(814年)春正月から書き始めていたようだ。 5 吉士(きし) 古代の姓(かばね)の一。朝鮮半島より渡来した官吏に与えられた。 6 朝臣(あそん) 天武天皇が定めた八色の姓の制度で新たに作られた姓(かばね)で、上から二番目に相当する。一番上の真人(まひと)は、主に皇族に与えられたため、皇族以外の臣下の中では事実上一番上の地位にあたる。 7 首(おびと) 八色の姓にはないが、一つは地名を氏とする県主、稲置など領首的性格をもつもの。一つは職名,部曲名を氏とする長、首領 8 陽候史(やこのふびと) 名の通り暦や気象をする官職だと思われる 9 得業生(とくごうしょう) 学生から成績優秀のものを選んで与えた身分 今で言えば特待生 10 権博士(ごんのはくじ) 博士を補佐する


[catlist id=429]

広告を非表示にする