但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

【たじまる】 豊岡県庁門

[catlist categorypage=”yes”]

画像

久美浜縣庁門を豊岡縣庁に移しました。(豊岡市図書館) 1868年(慶応4年)に久美浜縣(くみはまけん)が誕生。丹後、丹波、但馬、播磨、美作5ヶ国の久美浜代官所、生野代官所支配地および但馬、丹波の旗本領の926ヶ村23万石を管轄する広大な縣でした。 久美浜天領(幕府直轄領)だったので、縣名云々よりもとにかく旧藩(旧勢力)の解体を急いだのです。その処置は全国的に行われました。 しかし、久美浜縣は、その範囲があまりにも広く、生野代官所支配地を中心に分離運動が高まり、1869年(明治2年)、但馬北部を豊岡縣、但馬南部と播磨、美作3ヶ国を生野縣として分離しました。また、南東部の一部を篠山藩へ移管しました。 1868年(慶応4年)に久美浜縣(くみはまけん)が誕生。丹後、丹波、但馬、播磨、美作5ヶ国の久美浜代官所、生野代官所支配地および但馬、丹波の旗本領の926ヶ村23万石を管轄する広大な縣でした。

1869年(明治2年)8月10日、但馬、播磨、美作を生野縣として分離、但馬南部の一部を篠山藩へ移管。 1871年明治4年)11月2日、久美浜縣は舞鶴縣や篠山縣など11縣16郡を豊岡縣に統合され消滅。 それは、久美浜は北端に位置するため、播磨、美作などから遠すぎたためです。 但馬 生野縣/出石縣(3万石)/豊岡縣(1.5万石)/村岡縣(1.1万石) 丹後 宮津縣(7万石)/舞鶴縣(3.5万石)/峰山縣(1.1万石)/久美浜丹波 篠山縣(6万石)/福知山縣(3.2万石)/柏原縣(2万石) 1869年(明治2年)8月10日、但馬、播磨、美作を生野縣として分離 1871年明治4年)7月14日:生野縣のうち、但馬が豊岡縣、播磨、美作が姫路縣が設置。 1871年明治4年)11月15日、美作が北条縣として発足。生野縣廃止。 1871年明治4年)11月22日:舞鶴縣や篠山縣など11縣16郡を豊岡縣に統合。 1876年(明治9年)8月21日:豊岡縣廃止。但馬・氷上郡多紀郡は兵庫縣へ編入。また丹後と天田郡京都府へ編入。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ ↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

広告を非表示にする