但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

コウノトリをロシアで放鳥へ ハバロフスクと大筋合意

神戸新聞

 兵庫県は十二日、豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園で生まれ育ったコウノトリ四羽を来年五月、ロシア・ハバロフスク地方の野生コウノトリの生息地に放つ方針を固めた。豊岡市以外で放鳥するのは初めてで、野生の群れになじめるかや、越冬地に移動する渡り鳥の習性を見せるかなどを調査する。郷公園と生息地・ボロン自然保護区の関係者が豊岡市内で協議し、大筋で合意した。

以上引用 日ロ。北方領土問題が未解決ななか、コウノトリが領国の橋渡しになればいい。 改めてコウノトリに教えられる気がするのだ。鳥には国境はないんだと。 人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

広告を非表示にする