但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

銅鐸(どうたく)3/9 日本最多の銅鐸 加茂岩倉遺跡

島根県雲南市加茂町岩倉837−24

f:id:kojiyamane:20170109162839j:plain

平成8(1996)年10月14日、加茂町(現雲南市)岩倉で農道の法面工事のためパワーショベルで山の斜面を削っていたところ、大量の銅鐸の出土により加茂岩倉遺跡は発見されました。突然、異様な音がしたため、運転者は直ちに重機を止め、「どこの誰がポリバケツをこんなところに埋めたのか」と考えつつそばに行くと、ポリバケツならぬ「銅鐸」だったのです。

f:id:kojiyamane:20170109162913j:plain 当時、加茂町長であった速水雄一(後に雲南市長となる)が学問と教育の里というテーマで町おこしを行っていたことから、町役場にはただちに遺跡発見の連絡が入り、1996年より1997年の2年間にわたり、加茂町教育委員会島根県教育委員会により発掘調査が行われました。

f:id:kojiyamane:20170109162954j:plain 遺跡は狭くて細長い谷の最奥部手前の丘陵に位置し、南向きの丘陵斜面中腹にあたる標高138m、谷底から18mと見上げるような高い場所に39個の銅鐸が埋納されていました。一カ所から出土した銅鐸の数は日本最多で、大変注目を集めました。

出土品は国(文化庁)が所有し、島根県立古代出雲歴史博物館に保管されている。1999年に遺跡は国の史跡に指定され、出土した銅鐸は国の重要文化財に指定された。2008年7月には、出土した39口の銅鐸は国宝に指定されました。

発見当初に建設重機を停止したことが幸いし、埋納の痕跡も良く残っており、どのように配置されたのかといった詳細な学術情報が研究者にもたらされた。また、1997年度の調査では、銅鐸が埋められていた坑から3メートル離れた場所に別の坑も発見されたが、こちらからは遺物が全く出土していません。

そのうち13組26口は中型鐸の中に小型鐸が納められた「入れ子」状態で出土したことが確認されています。銅鐸がこのような入れ子状態で出土した例は極めて少なく、内部は中空であった可能性も考えられていますが、CTスキャンによる内部調査に拠れば、埋納坑埋内と内部を塞いでいる土砂が異なることが指摘されています。表面からは朱が検出され、線刻で文様が表現され、袈裟襷文(けさだすきもん)銅鐸が30口、流水文銅鐸が9口ある。絵画の描かれた銅鐸は7口あり、シカやカメ(ウミガメ)、トンボや四足獣などの動物が描かれている。そのうちの数点が豊岡市気比銅鐸(流水文)と兄弟銅鐸とされています。

f:id:kojiyamane:20170109163025j:plain 遺跡は先に発見され大量の銅剣が出土した荒神谷遺跡と山を隔てて南東に僅か3.4kmしか離れておらず、両遺跡から出土の銅鐸に「×」印の刻印があることから両遺跡は関係あることが分かり、古代出雲を研究する上で大きな手がかりとなっています。これらの二つの発見から、またさらに後に発見された「出雲大社境内遺跡」との関連から、古代イズモには王国、あるいは文化圏が存在した、とする研究者が増えてきています。

倭の古王国と邪馬台国問題上 著者: 中島一憲

空前絶後の青銅器大量埋納は、荒神谷、加茂岩倉ともに一世紀半ば、つまり第一次倭国大乱が一段落し、倭奴国後漢朝貢したころに、時期を合わせたように行われていることが分かった。鴨居湧くの銅鐸の中に紀元前三~同二世紀前半に製造された「最古段階」の銅鐸が含まれていることが加茂町教育委員会の分析でわかった。「最古段階」の銅鐸は、加茂岩倉遺跡から直線距離で北西約4kmの荒神谷遺跡からも1個が出土。加茂岩倉の最古段階のものと同じく菱環紐式で、加茂岩倉のその銅鐸は高さ21.7cmの小型だった。

同笵銅鐸(兄弟銅鐸)

加茂岩倉遺跡の同笵銅鐸(兄弟銅鐸)は、越前(伝)(大石)銅鐸が気比4・伝陶器山、但馬気比銅鐸2個、岩美郡岩美町新井上屋敷と1個が加茂岩倉銅鐸と兄弟銅鐸であることが分かった。銅鐸の同一性からのみで判断することはできないものの、少なくとも丹後・若狭地方からは出土していないのは、弥生時代中期頃に丹後・若狭を避けたのは、すでに違う勢力が存在していたのかも知れない。弥生時代後期(200年ごろ)にはガラス製の釧(くしろ:腕輪)が見つかり、コバルトブルーに輝く全国で初めての完成品です。西谷3号墓(島根県出雲市)でも同じ材質の巴型勾玉がみつかり、出雲と丹後の交易が有力視されます。 倭の古王国と邪馬台国問題上 著者: 中島一憲

海上交通のネットワークが古くから発達している日本列島では、産業・技術・文化にほとんど地域格差がみられず、広範にかつ均質に発達していると考えている私は、青銅原料の産地がどこである(かに関心をもっている)。

まさに驚嘆の大発見となった加茂倉遺跡の銅鐸発掘は、一か所で39個という全国一のその圧倒的な量と特異な埋納状況、一部の銅鐸に刻まれた特殊なサインや絵画の意味、そして何よりも荒神谷と関連する埋納時期や出雲という地域性から、この遺跡の評価をめぐって多くの学者・専門家が多様な説を展開しはじめている。

私もこの遺跡が荒神谷とともに倭の古代国家成立上きわめて重要な意義をもつことを予感しているが、以下に新聞が特集したシンポジウムや座談会に紹介された学者たちの見解を若干紹介したい。 森浩一氏は、「(加茂岩倉の)4、7、19,22号銅鐸は兄弟で和歌山市の太田黒田銅鐸と一緒。この兄弟のうち4つが出雲から見つかった。近畿から出雲をみるのか。それとも出雲から近畿を見るのか。私は多い場所から見ようと思う」と出雲説を展開。

佐原真氏は、古い段階(紀元前三世紀~同一世紀頃)の銅鐸の石の鋳型が10近くも近畿や香川県などで出土していることをあげ「現状ではいくら兄弟が出雲でたくさん出ていても(この段階のものは)近畿でつくったものをもってきたと考えるべきではないか」と主張。ただ、加茂岩倉の18,23同銅鐸などは近畿の銅鐸と違う特徴をもつことから「土の鋳型で銅鐸をつくりだした段階では、出雲に『銅鐸の会社』があった可能性がある」(としている)。

上田正昭氏は、各地で一つ、二つと出土したものと、40個近くが出土したものと「同列に論じてよいものか」

門脇禎二氏は、「私は加茂の岩倉が神が宿る磐座(いわくら)に通じ、一帯が神原(かんばら)、荒神谷が神庭(かんば)と呼ばれるのが気になります。…旧辞本紀の中の『国造本紀』から、七世紀の国造の祖先伝承などが伺えますが、そこから祖先を同じくする「同祖関係」を拾い出すことができます。それでたとえば出雲を見ると、隣り合った国ではなく、但馬のような日本海側のほかに、伊勢や美濃といった大きく離れた地域が出てきます。このあたりに加茂岩倉の兄弟銅鐸が存在する可能性が十分あるわけです(実際に但馬気比銅鐸は兄弟銅鐸であることが判明)。

難波洋三氏は、『扁平紐式新段階』の時代になって出雲、あるいはその周辺でも銅鐸が製作されるようになった可能性があります。加茂岩倉の38個は、各形式とも比較的限られた工房の製品で構成されているようです。たとえば外縁付き紐二式の流水紋銅鐸8個は、すべて大和か河内の工人の製品。『扁平紐式新段階』のものも飾りなどに共通の特徴があり、多くの工人集団の製品がランダムに集められたとは考えにくいと思います」。

同遺跡の兄弟銅鐸は、計13組、22個、「兄弟」の出土地は西日本の8府県にまたがっていることが明らかとなり、広範な地域間交流が想定される。また36号銅鐸から「×」印が見つかった(荒神谷の銅鐸は「×」印が付けられていた)。

大きな地図で見る

【国宝】考古資料の部

弥生時代の指定は次の6件(2008年(平成20年)まで)。 金印(漢倭奴国王印) (福岡市博物館) 桜ヶ丘町出土銅鐸・銅戈 (神戸市立博物館) 福岡県平原方形周溝墓出土品 (文化庁、伊都国歴史博物館保管 弥生時代古墳時代) 袈裟襷文銅鐸〈伝讃岐国出土〉(東京国立博物館島根県荒神谷遺跡出土品 (文化庁島根県立古代出雲歴史博物館保管) 島根県加茂岩倉遺跡出土銅鐸 39口 (文化庁島根県立古代出雲歴史博物館保管)

全国の銅鐸出土数

国別 出土数 Ⅰ 菱環鈕式 Ⅱ外縁付鈕式 Ⅲ偏平鈕式 [聞く銅鐸] Ⅰ+Ⅱ+Ⅲ [見る銅鐸] Ⅳ突線鈕式
出雲 50 1 37 10 48
近江 36 3 2 5 22
摂津(東) 12 5 7
摂津(西) 21 7 14
摂津(計) 33 12 21 26 7
阿波 42 3 22 25 8
紀伊 38 3 13 16 14
遠江 29 1 1 27
三河 28 1 1 2 11
河内 18 1 11 12 4
大和 19 7 6 13 5
讃岐 20 4 7 11 1
淡路 15 1 5 2 8 1
尾張 15 2 4 6
伊勢 15 1 2 2 5 7
和泉 12 3 4 7 3
備前 15 1 6 7 4
播磨 11 1 5 6 4
土佐 11 3 3 7
伯耆 9 2 4 6
備中 8 3 3 2
因幡 8 4 1 5 3
丹後 7 1 1 3
丹波 3 1 2 3
山城 6 4 1 5 1
但馬 6 4 4 2
越前 5 1 3 4 1
若狭 5 1 2 3 1
美濃 4 2 1 3 1
石見 4 1 2 3 1
信濃 3 2
伊賀 3 2
美作 3 1 1 2 2
備後 2 1 1 2
その他 135 2 32 38 72 43

・国別で出土数の多い地域(≧3)のみを示した。うち型式の判明分をⅠ~Ⅳ式に分類。 ・Ⅰ~Ⅲ式およびⅣ-1式:「聞く銅鐸」、Ⅳ-2~Ⅳ-5:「見る銅鐸」 [佐古和枝氏作成の分布図よりまとめた]

銅鐸出土数 箇所
1位 兵庫県 56点 40
2位 島根県 54点 9
3位 静岡県 46点 26
4位 徳島県 42点 29
5位 滋賀県 41点 14
6位 和歌山県 38点 38
7位 愛知県 33点 36
全国 約500点

2009/02/15

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ ↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

広告を非表示にする