但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

【衆議院選挙】(5) 国旗と国の追悼ぐらいはちゃんとしよう

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=jUv9g5MbLDM&hl=ja&fs=1&] 1/2【百地章】再浮上!国立追悼施設建設問題[桜 H21/8/18] ある親子の会話2  「国旗を侮辱するようなことだけはするな!だいたい日の丸を掲げないで、日の丸を二枚つないで党旗だけ掲げるとは何事だ、国家侮辱罪だ!おまえは日の丸を燃やしたり切り刻む中韓反日家か?日本人なのか?」 「ごめんなさい。民主党のマークは確かに国旗を切り刻んで作れるようになっているんだ。それは国旗ではなくて、ある意味でわれわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけなかったね。日の丸が国旗だって知らなかったんだ。日本列島は日本人のものって意識がないんだもん。」 「何?党のマークの方が大事で国旗はどうでもいいということか?」 「公人なんだからお参りぐらいしろよ」 「親の墓参りはしたよ、小沢君も」 「国立追悼施設建設ばかりいっているが、追悼式典も一回も参加したことないじゃないか。千鳥が淵墓苑にも行ったことないだろう。国立追悼施設建設ができても行かないくせに、屁理屈だ。よその人が文句を言ったくらいで箱ものをまた別に造って誰がお参りに行くのか?無駄だろう。」 外国国章損壊罪(がいこくこくしょうそんかいざい)とは、日本の刑法92条に規定されている、外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他国章を損壊し、除去し、または汚損することによって成立する犯罪。法定刑は2年以下の懲役または20万円以下の罰金。親告罪。 出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

広告を非表示にする