但馬国ねっと風土記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

【日本神話】 第1巻「創世編」 第1章 天地の始まりと神々の誕生

第1巻 創世編

第1章 天地の始まりと神々の誕生

古事記』には、天地がいかに創造されたかの記載はありませんが、「天地初発之時」(あめつちのはじめのとき)という冒頭は天と地となって動き始めたときであり、天地がいかに創造されたかを語ってはいません。

日本書紀』によれば、太古、天地は分かれておらず、互いに混ざり合って混沌としていました。しかし、その混沌の中から、清浄なものは上昇して天となり、重く濁ったものは大地となりました。そして、その中から、神が生まれるのです。 やがて、天地の中に葦の芽のようなものが生成され、これが神となります。

以下、『古事記天地開闢造化三神の登場

天と地が初めて分れて、高天原(タカマガハラ)に出てきた神の名前はアメノミナカヌシ神(天之御中主神)、次にタカミムスビ神(高御産巣日神)、次にカミムスビ神(神産巣日神)です。この三柱の神は、奥さんや子供のいない独神で、姿かたちもありませんでした。世界の最初に、高天原(たかまがはら)に(あめのみなかぬしのかみ)が現れました。

■別天つ神 五柱(ことあまつかみ・いつはしら)

三柱の神(造化の三神) 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 高御産巣日神(たかみむすひのかみ) 神産巣日神(かみむすひのかみ)

続いて、二柱の神が生まれました。 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ) 天之常立神(あめのとこたちのかみ)

この五柱の神は性別はなく、独身のまま子どもを生まず身を隠してしまい、これ以降表だって神話には登場しませんが、根元的な影響力を持つ特別な神です。そのため別天津神(ことあまつかみ)と呼びます。すべて独神(ひとりがみ)です。 国之常立神豊雲野神も性別はなく、これ以降、神話には登場しません。

神世七代(かみのよななよ)

引き続いて五組十柱の神々が生まれました。五組の神々はそれぞれ男女の対の神々であり、下のリストでは、左側が男性神、右側が女性神です。

世界の最初に高天原で、別天津神神世七代という神々が誕生。これらの神々の最後に生まれてきたのが伊弉諾尊伊邪那岐命・いざなぎ)と伊弉冉尊伊邪那美・いざなみ)です。

性神 性神
宇比地邇神(うひぢにのかみ) 須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ) 活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのじのかみ) 大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ) 阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 伊邪那美神(いざなみのかみ)

以上の七組十二柱を総称して神世七代(かみのよななよ)といいます。

[catlist ID = 73 orderby=title order=asc]