但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

出雲神話1/5 「スサノオとヤマタノオロチ」

前:高天原神話2/2 天の岩戸(岩屋) 次:出雲神話「因幡の白うさぎ」

乱暴な所業で高天原を追われたスサノオノ命は、鳥髪(とりかみ)といわれる出雲の船通山(せんつうざん)に降り立ちました。

すると上流から箸が流れて来るではありませんか。川上に人が住んでいるのだろうと、スサノオノミコトは川沿いに上っていきました。

(川上に人が住んでいる)

そこには、クシナダヒメという美しい娘をはさんでアシナヅチテナヅチという年老いた両親が泣いていたのです。

わけを尋ねると、その両親には8人の娘がいたのですが、毎年ヤマタノオロチに1人ずつ食べられて、いよいよ最後の1人が食べられる時期になったというのです。  そう思ったスサノオが、どんどん上っていくと、老夫婦が若い女を中において泣いていました。

「なせ泣いているのです?」

「私たちはもともと8人の娘がおりましたが、毎年恐ろしいオロチがやってきて1人ずつ食べてしまい、今ではこのクシナダヒメだけになりました。今年もそろそろオロチがやって来る頃となりましたので、それが悲しくて泣いているのです」 とアシナヅチは答えた。

「して、そのオロチとはどんなもの」

「はい、ヤマタノオロチは、目はホオズキのように赤く、からだ一つに八つの頭と八つの尾を持ち、その長さは八つの谷と八つの尾根を越える恐ろしい姿をしている。」というのです。

スサノオはしばらく考えてから言いました。

「よし、私がオロチを退治してあげよう。その代わり、クシナダヒメを私の妻にくださらぬか」 心ひかれた美しいクシナダヒメとの結婚の約束をとりつけ、オロチ退治を決心したのでした。

そこでスサノオは、クシナダヒメを小さな櫛に変えて自分の髪に差しこみました。 アシナヅチテナヅチに頼んで、垣根で八つの門を作らせ、門ごとに八つの樽に強い酒を用意させました。

「そなたたちはすぐに強い酒を造ってください。そして、オロチの来そうなところへ柵を廻らせ、8つの入り口と8つの柵を作り、くだんの酒を満たした桶を置いておきなさい」  老夫婦は早速準備をしました。

やがてオロチが物凄い地響きを立てながらやってきて、好物の酒をガブガブ飲み、酔いつぶれて眠ってしまいました。

スサノオはここぞと剣を取り出し、今がチャンスと酔っぱらったオロチに向かっていきました。

とうとうスサノオノミコトはオロチの息の根を止めたのです。その後オロチをずたずたに切り刻んだところ、尾から立派な剣が出てきました。

スサノオノミコトが取り出した剣は、アメノムラクモの剣といい、スサノオノミコトは見たことのないこの剣は、自分が持っているより姉のアマテラスオオミカミにこそふさわしい剣だろうと、アマテラスオオミカミに献上しました。

この剣は、後に草薙の剣(くさなぎのつるぎ)といわれ、今も伝えられる三種の神器の一つといわれています。

激しい闘いが終わったとき、スサノオは約束どおりクシナダヒメと結婚し、新居の地を探し歩きました。

そして、最適の地を見つけ、 「わが心清々し」 と叫んだので、その地は須賀と呼ばれるようになりました。

新居が出来あがると、あたりから美しい雲が湧き上がってきました。喜んだスサノオは思わず歌を詠みました。

日本で最初といわれる「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」という和歌を詠み、幸せに暮らしました。

やがて子孫に、オオクニヌシノカミが誕生するのです。 神楽でおなじみの、あの壮絶な死闘のシーンは、『古事記』にも、『日本書紀』にも書かれていない。だが、名だたる怪獣オロチが、寝込みを襲われて、易やすと殺されることはなかったろう)

スサノオの力強さ、優しさ、そして善神ぶりが、生きいきと描かれています。出雲では、スサノオオオクニヌシと並んで人気絶大です。

クシナダヒメ…稲田の神として信仰されており、廣峯神社兵庫県姫路市)、氷川神社さいたま市大宮区)、須佐神社島根県出雲市)、八重垣神社(島根県松江市)、須我神社(島根県雲南市)、八坂神社(京都市東山区)、櫛田神社富山県射水市)、櫛田宮(佐賀県神埼市)のほか、各地の氷川神社で祀られている。多くの神社では、夫のスサノオや子孫(又は子)の大国主などと共に祀られている。

引用:社団法人島根県観光連盟・島根県観光振興課 2009/09/06 ヤマタノオロチの解明

オロチ[*8]は水を支配する竜神を、クシナダヒメは稲田を表しているとみられています。すなわち、毎年娘をさらうのは河川の氾濫の象徴であり、それが退治されたことは、治水を表しているとする。また大蛇が毎年娘をさらって行ったということは、神に対して一人の処女が生贄としてささげられていたということであり、その野蛮な風習を廃しえたことも表しています。

あるいはこの当時、出雲国は実際に越国(高志・北陸地方)[*7]との交戦状態にあり、『出雲国風土記』には意宇(オウ)郡母里(モリ)郷(現在の島根県安来市)の地名説話において「越の八口」を平定したと記されており、これがこの神話の原型ではないかという説もある。高志=越とみる向きには、福井県に『高志(こし)』『九頭竜(くずりゅう)』という名称や地名が残っていることが挙げられる(例:高志高校、九頭竜川など)。

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)[*10]は、出雲国の古代製鉄文化を象徴するとされています。してみると天叢雲剣は鉄製であり、十拳剣(とつかのつるぎ)が天叢雲剣に当たって欠けたということは、対する十拳剣は青銅製であったことを類推させる。十束剣は日本神話に登場する剣。「十握剣」「十拳剣」「十掬剣」など様々に表記されます。

様々な場面で登場していることや、「10束(束は長さの単位で、拳1つ分の幅)の長さの剣」という意味の名前であることから、一つの剣の固有の名称ではなく、長剣の一般名詞と考えられ、それぞれ別の剣であるとされます。当時としては最先端の技術であった製鉄、またはその結晶である鉄剣を「アマテラスに献上した」というのは、その頃の出雲と大和の関係を推し量る上で興味深いエピソードであると言える。

また、オロチの腹が血でただれているのは、砂鉄(あるいは鉱毒)で川が濁った様子を表しているとする説もある。また、たたら吹きには大量の木炭を必要とするため、川の上流の木が伐採しつくされた結果洪水が起きたことを象徴しているともされます。

古志が出雲国古志郷(島根県出雲市古志町)とする説でみると、オロチ河川群(船通(鳥髪、鳥上)山系を出発点とする日野川斐伊川、飯梨川、江の川、伯太川等の川およびそのその支流)の治水工事が進み、稲作や小国家が発展していった。 古志が越国(北陸地方)であるとする説は、この当時、出雲国は実際に越国(北陸地方)との交戦状態にあり、越国を平定しています。

出雲風土記』の大原郡神原郷に、「神原郷 郡家正北九里。古老傳云「所造天下大神之 御財 積置給 處」。則、可レ謂「神財郷」。而、今人 猶 誤 云「神原郷」耳」とあります。

これを、「神原の郷は、郡家の正北九里。古老の伝えに云うには、天の下 造らしし大神(スサノオ)の御財を積置き給いし処なり。即ち神財郷(かむたからのさと)と云うべし。今の人は誤って聞き神原郷(かむはらのさと)と云う」と。本来は神財郷(かむたからのさと)と呼んでいたことになります。

長男・八島野尊や部下の豪族らは、スサノオの遺骸を熊野山に埋葬し、建国の偉業を偲んで祭祀を始めた(須我神社・雲南市大東町須賀)とみられ、近くの加茂岩倉遺跡(島根県雲南市加茂町)や荒神谷遺跡(島根県簸川郡斐川町)から出土した紀元前2世紀初頭のものとされている銅鐸や銅剣・銅矛は、まさにスサノオ祭祀の遺物とも考えられます。荒神谷遺跡の小字名は神庭(カンバ)。荒神谷とは荒ぶる神、すなわちスサノオのことで、字神庭というのもスサノオを祭祀する場所をさしているものではないでしょうか。

スサノオの御陵は八雲村大字熊野(現・松江市八雲町熊野)にある元出雲国一の宮熊野大社の元宮の地とされ、「神祖熊野大神櫛御気野尊(かむおやくまのおおかみくしみけぬのみこと)」の諡号(しごう)で祀られています。神のなかの祖神(おやがみ)である。出雲大社が出来るまでは、出雲地方最大・最高の神社だったのです。 天平五(733)年に撰録された出雲風土記は、すでに荒神谷遺跡の存在を正確に示唆していたことになります。

「日本」を探す 著者: 産経新聞文化部に

ヤマタノオロチ」な、たたら(ふいご)を吹いて製鉄している様子を描いたもの。われわれにはすぐわかります」というのは、刀の原料の鋼(はがね)を作っている島根県仁多郡出雲町の「日本美術刀剣保存会(日刀保)たたら」村下(技師長)の木原明さんだ。 良質の砂鉄に恵まれた中国地方では古来、土で作った炉に木炭と砂鉄を入れ、たたらで風を送り込み、木炭を燃焼させて砂鉄を溶かして鉄にする「たたら製鉄」が行われてきた。奈良時代の「出雲風土記」には「仁多郡の鉄は良質で、さまざまな道具を作るのに適している」という意味の記述があり、製鉄の歴史の古さがうかがえる。 ヤマトノオロチ伝説の舞台は奥出雲町、船通山のふもとのあたりで、日刀保たたらもここにある。 天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)剣には製剣説と銅剣説がある。ヤマトノオロチ伝説は、ヤマト朝廷が出雲に進出する過程で製鉄集団を征服、武器を含む鉄器をこの地で供給するようになった史実を反映しているとう説がある。それが正しいとしたら、製剣説に軍配が上がりそうだ。 ヤマトノオロチ=製鉄集団説では、古事記に描かれたオロチの赤いホオズキのような目は真っ赤に燃えるたたらの炉を、一つの胴体に八つの頭と八本の尾が生えているのは砂鉄を採取する川が多くの支流に分かれる様子を、腹が血でただれているのは鉄分で赤く染まった川をそれぞれ描写している-とする。 奥出雲町の中心を流れる斐伊川古事記の「肥の河」とされる川だが、そのほとりを歩くと、酸化した鉄分で川のあちこちが赤く染まっている。古代人が製鉄集団をオロチにたとえた理由が分かるような気がした。 奥出雲町では、いまも毎年1~2月に伝統的なたたら製鉄が行われ、全国の刀匠に刀の素材になる玉鋼を供給している。それが日刀保だ。玉鋼はここでしか作られない。 たたらは、古代は炉に風を送るふいごを指す言葉だったが、時代が下がるにつれて砂鉄と木炭を使った「和鉄」と呼ばれる日本独自の製鉄法を指すようになった。宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」にたたら製鉄の様子が描写されていたのをご記憶の方も多いだろう。 (中略) 鉄の品質を左右するのが、火力と砂鉄を入れるタイミングだ。火力を調整し、投入のタイミングを計るのが村下と呼ばれる技師長の仕事。木原さんは「溶鉱炉を使って鉄鉱石から作る洋鉄(二千度)に比べ、低温(千五百度)で精錬する玉鋼(和鉄)は不純物が混じりにくい。日本刀の特徴である地金の美しさは、低温精錬のたたらでないとできない」と話す。 (中略) 刀が、中国大陸や朝鮮半島から伝えられた(銅剣のような)「直刀」から、反りのある日本刀になったのは、平安時代の中期以降といわれる。東京国立博物館の元刀剣室長、小笠原信夫さんは「(切るという)実用目的以上に刀身を美しく研ぎ上げ、鑑賞する習慣は外国では聞いたことがない」という。 鉄は空気に触れると錆びる。遺跡から鉄器があまり出土しないのはこのためだ。しかし、博物館で見る刀は千年の時を経ても輝きを失わない。 (中略) 一つ不思議に思うことがあった。鉄は弥生時代に中国大陸から朝鮮半島を経て日本にもたらされ、それとともに製鉄技術を持つ集団が渡来してきて日本で製鉄を始めたという説が有力だ。 製鉄集団の存在を示唆するといわれる「古事記」のヤマタノオロチ伝説が島根県奥出雲地方にあるのも、地理的に近い大陸から製鉄集団がやってきて、砂鉄に恵まれたこの地に定着したと考えれば分かりやすい。 それならば、なぜ“本家”である大陸には砂鉄を使った製鉄法が残らず、日本列島でたたら製鉄が発達したのだろう。 木原さんによると。1トンの炭を焼くのに700平方メートルの山林が必要だという。日刀保たたらでは、炉に火を入れてから玉鋼を含む鉄の塊であるを取り出すまで三昼夜の工程を「一代(ひとよ)」と呼ぶが、一代には十トンの砂鉄、十二トンの木炭が使われる。「二千ヘクタールの山林がないとたたらは途絶えてしまう・と木原さんが言うのはそのためだ。 たたらに使う木炭はナラ、クリ、クヌギなどの雑木を使うが、大量の木を切っても、「根(切り株)が残っていれば、四十年たったらまた戻る」のだそうだ。

面白い発見として大量の銅剣と銅鐸が同じ場所で見つかった荒神谷遺跡と日本最多の銅鐸が見つかった加茂岩倉遺跡の中間に斐伊川の源流がある船通山系は位置するのだ。これまで「なぜ製鉄集団なのに銅製品ばかりなのだろう」と思っていたが、鉄器と銅製品が同時に製造されて鉄器は錆びてしまい銅製品のみが残ったと考えれば納得できるのではないだろうか。

[註]

[*6]…スサノオ - イザナギの鼻から生まれたとされる男神。海原の神。『日本書紀』では素戔男尊素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命などと表記する。

[*7]…「古志」 『古事記』では高志と表記。越国とも出雲国古志郷とも考えられます。高志=越とみる向きには、この当時、出雲国は実際に越国(北陸地方)との交戦状態にあり、『出雲国風土記』には意宇(オウ)郡母里(モリ)郷(現在の島根県安来市)の地名説話において「越の八口」を平定したと記されており、これがこの神話の原型ではないかという説もある。福井県に『高志(こし)』『九頭竜(くずりゅう)』という名称や地名が残っていることが挙げられる(例:高志高校、九頭竜川など)。あるいはその時代製鉄の先進地帯で、出雲側から山越しするので吉備地方を古志としていたとも考えられます。

[*8]…ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は、日本神話に登場する伝説の生物。8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大とされています。島根県斐伊川には、出水後に「鱗状砂洲」と呼ばれる、蛇の鱗を思わせる砂洲が幾条も構成されます。これが大蛇のイメージを作り上げたとの説がある。また、島根・鳥取県境にある船通(鳥髪、鳥上)山系を出発点とする日野川斐伊川、飯梨川、江の川、伯太川等の川およびそのその支流を頭が八つある大蛇に見立てたとする説もあり、これらの河川をオロチ河川群と呼ぶ。

[*9]…様々な場面で登場していることや、「10束(束は長さの単位で、拳1つ分の幅)の長さの剣」という意味の名前であることから、一つの剣の固有の名称ではなく、長剣の一般名詞と考えられ、それぞれ別の剣であるとされます。

[*10]…三種の神器の一つで、熱田神宮の神体である。草薙剣(くさなぎのつるぎ・くさなぎのけん)・都牟刈の大刀(つむがりのたち)・八重垣剣(やえがきのつるぎ)とも称されます。三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴であるとされます。

[*11]…日本神話ではスサノオが詠った「八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を」が最初の和歌とされることから、その初めの語句を取って八雲(やくも)ともいう。「八雲の道」といえば「歌道」のことである。

[catlist ID = 73 orderby=title order=asc]

広告を非表示にする