但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

たじまる 室町-4 但馬の日下部氏族

f:id:kojiyamane:20170110081544j:plain 歴史。その真実から何かを学び、成長していく。
伝説 先史 縄文 弥生 出雲 銅鐸 日槍 古墳 飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 戦国 近世 近代 現代 地方 鉄道 写真 SITEMAP
室町 薄群青(うすぐんじょう)#5383c3 最初のページ戻る次へ

[catlist id=34 orderby=title order=asc]

日下部氏族

概要

但馬の古代豪族、日下部(くさかべ)氏から出た氏族。起源にはいくつかの説がある。

目 次
  1. 朝倉氏の起源
  2. 越前朝倉氏
  3. 太田垣(おおたがき)氏
  4. 八木氏
  5. 田公氏
  6. 宿南氏
  1. 開化天皇の孫・狭穂彦王に始まる、但馬国造の日下部君の後裔。(『古事記』、『大日本史』)
  2. 孝徳天皇の孫・表米親王(日下部表米)に始まる、日下部宿禰の後裔。(『朝倉始末記』)

出石神社と並ぶ但馬国の一宮、粟鹿神社の社家は、古代に神部氏が務め、その後日下部系図に見える日下部宿禰であった 八木氏は山名家臣。 越前国を拠点とした朝倉氏はこの出自。応仁の乱では山名持豊(宗全)率いる西軍に、越前朝倉氏は西軍から細川勝元率いる東軍に属した。

朝倉氏の起源

 朝倉氏は、但馬の古族、日下部(くさかべ)氏から出ました。平安時代末期に朝倉宗高? が但馬国養父郡朝倉に居住し、はじめて朝倉氏を称したといいます。朝倉氏が築いた3つの城(但馬朝倉城跡・但馬朝倉比丘尼城跡・但馬朝倉向山城跡)があります。
■参考略系図

但馬国造) 開化天皇彦坐王━若筒木王━船穂足尼━豊忍別乃君━島根尼君━太尼古尼君・・                                     ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・ ・(日下部君/国造)  (養父太郎)  ・・表米王━━荒嶋・・貞祢┳利実━用樹━蕃在━親泰━┓  ┃   ┃  ┗安樹━公基 ┃       ┃   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛      ┃   ┣則方━則国━家貞   ┃   (日下部)   ┗広佐━佐清┳清季━┳清国(小和田)     ┃(三方)┣季平   ┏俊経     ┣清泰 ┣季貞(山本)┏俊直━┻長家         ┃   ┗家清   ┃       ┃(軽部)    ┣俊村━━━━━━━━┓     ┣俊通━┳俊家━━━╋光家━┳光広    ┃     ┃   ┗俊真   ┗家村 ┣家高(大谷) ┃     ┃(朝倉)  (八木)     ┣家恒(釜田) ┃ ┗宗高━┳高清┳安高    ┗光綱━安元 ┃     ┗高綱┗信高    (太田垣)(田公) ┃                  ┃   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ┃   ┃(石和田)   土佐守? 新左衛門   ┃┏光村━光高━光時┳光茂 ┏景近━┳宗朝━┳朝定   ┗╋光忠┳光春   ┗光秀・・・・氏秀 ┃   ┃   ┃加賀守 土佐守 土佐守    ┗俊高┗光保┳保喜━光喜━光氏━光継━光朝━光景╋景安 ┗宗近 ┗宗寿━━朝延━┳輝延    (建屋)   ┗保俊━保久            ┃    ┣信喬    ┗景光    ┗宗喬 [八木系図]

越前朝倉氏

数代下って、南北朝時代に広景が、足利方の斯波(シバ)高経の被官となり、越前で戦功を挙げ、越前国坂井郡黒丸城に拠り斯波氏の目代となって活躍しています。朝倉氏は広景以後家景の代まで黒丸城を本拠とし、守護代甲斐氏などと争いながら、坂井郡足羽郡に勢力を伸ばしていきました。甲斐氏、織田氏に次ぐ斯波三守護代の第三席。のちに守護代三家で斯波氏領国三国を分けることになります。 朝倉孝景(英林孝景)が守護代甲斐常治とともに主である斯波義敏と対立し、足利将軍家家督争いなどから発展した応仁の乱では山名持豊(宗全)率いる西軍から細川勝元率いる東軍に属し、越前から甲斐氏を追う。孝景は越前国守護に取り立てられ、一乗谷城に城を構えて戦国大名化に成功しました。孝景は分国法である『朝倉敏景十七ヶ条』を制定しました。 義景は京風の文化を一乗谷に移し、足利義昭も一時その庇護受けたほどで、一乗谷文化あるいは朝倉文化の名で山口の大内文化などとともに著名です。 元亀元年、織田信長朝倉義景を攻めるため兵を越前に進めました。ところが信長の妹お市の方を嫁がせ同盟関係を結んでいたはずの北近江浅井長政が信長に反旗を翻しました。ここにおいて浅井・朝倉は、信長の前に共同の敵として立ち現われることにななりました。この年六月、近江の姉川を挟んでいわゆる姉川の戦いが行われ、義景は一族の景健に兵一万をつけて遣わしましたが敗北してしまいました。 天正元年、信長は、古谷に来ていた義景の浅井援兵を追って越前に侵入し、ついに義景は自害しました。越前に勢力を誇った朝倉氏も、こうして織田信長によって滅ぼされてしまいました。 ▲ページTOPへ

太田垣(おおたがき)氏

onode_2 家紋:木 瓜 (但馬国造日下部氏後裔) *家紋を九枚笹とする説もある。 武家家伝
太田垣氏も、八木氏同様、但馬国造の日下部連の後裔を称する古来からの但馬の名族です。『日下部系図』によると、第37代孝徳天皇-有馬皇子-日下部表米王---建屋太郎光村─石和田光忠─太田垣光保とあって、建屋(たきのや)・石和田・太田垣を同族としています。 『但馬国太田文』には尊勝寺領養父郡建屋荘の下司建屋五郎大夫女子も、同新荘の地頭石和田又太郎光時も、ともに御家人鎌倉幕府家臣)として見えるから、大田垣氏もこの辺りを本拠とした建屋氏の庶流といえます。 日下部氏の一族である八木・朝倉・奈佐など皆、粟鹿神社を祖神として崇敬し、朝倉氏などはのちに越前に移ってその居城中に越前に粟鹿神社を勧請しています。 山名氏の但馬制圧に協力したことから、朝倉宗家を凌いで強大となり、ついには垣屋・八木・田結庄氏らと並んで山名氏の四天王と呼ばれる隠然たる勢力にまで成長し、丹波・播磨への通路を扼する要衝、朝来郡竹田城を本拠とするに至りました。 延文三年(1358)、祐徳寺に建屋新荘のうち田一段を寄進した太田垣光善、正平十八年(1363)に建屋下司職内の田一段を寄進した実阿(光善の法号かも知れない)などの名がみえ、嘉吉三年(1443)以後竹田城を預かったという太田垣光景、応仁元年(1467)の竹田城主太田垣土佐守、その嫡子新左衛門宗朝、二男新兵衛尉、備前守護代として山名俊豊を擁した太田垣美作入道、その舎弟三河守、同新右衛門大尉、同左京亮らの名が諸書に散見されます。 ●太田垣氏の台頭 明徳の乱で、但馬国衆は山名氏清方と山名時熈方に相分かれて戦いました。有力国衆の多くは氏清方に味方し、土屋氏、長氏、奈佐氏らが勢力を失いました。なかでも土屋氏は一族五十三人が討死するという惨澹な有様で、山名氏は多大な人的損害を被りました。時熈は山名氏を掌握したものの、国衆の人的損害は大きく、時熈方は乱に勝ち残りはしたものの、家臣団の人材は乏しくなっていきました。いきおい、優秀な人材に対する時熈の期待は高くなりました。 このような状況にあって、急速に頭角を現してきたのが、垣屋氏と太田垣氏でした。とくに、「応永の乱(1399)」における両氏の活躍が、その台頭に拍車をかけました。 明徳の乱応永の乱に活躍して、太田垣氏興隆のもとを築いたのは通泰でした。通泰は太田垣光善の子で、光成の弟と推定される人物です。太田垣氏は明徳の乱に、一族を挙げて山名時熈方に味方して戦りました。乱の過程で通泰が一族を率い活躍したことで、応永七年(1400)、但馬守護代に任ぜられたのでした。このとき、土屋(垣屋)遠江入道も但馬守護代に任ぜられ、二人は管轄地域を分けてその任を遂行したようです。ちなみに、土屋(垣屋)氏は気多郡(今の日高町と旧豊岡市竹野町の南部分)を管轄し、太田垣通泰は朝来郡と養父郡の南半分を管轄していました。さらに、通泰は翌八年三月、備後守護代にも任ぜられています。 嘉吉元年(1441)、「嘉吉の乱」で赤松氏討伐に功のあった山名氏は播磨守護に補せられ、太田垣誠朝が播磨守護代に任ぜられました。そして備後守護代には一族の者を据え置いたようです。それは美作守宗応でした。宗応は光成系太田垣氏の人物と思われ、いわば太田垣氏の本家筋にあたり、宗応の家は、惣領家となった通泰の子孫が備後へ赴いている間、但馬における太田垣一族の中心となって、その留守を守っていたのでしょう。宗応のあとの備後守護代は、美作守宗収がなっています。 美作守宗収は美作入道と同一人物と考えられ、『翠竹真如集』にみえる法諱を宗収、徳叟と号した人物のようです。若年には山名時熙に可愛がられ、中年には持豊に仕え、晩年には政豊に重用されました。そして、政豊は嫡子俊豊を備後守護に任じたとき、山名俊豊が若年であったため、宗収を守護代に任じて俊豊を補佐させました。宗収はこれに応え、よく山名俊豊を補佐しました。宗収の死後、備後守護代は惣領家から派遣された宗朝の子俊朝が受け継いでいます。 宗収には子宗幸、そして甥に光久がいたと伝えています。また、『日光院文書』にも光朝・時久・氏定・隆定・三河入道浄□・紹悦らの名が見えるが、一般に知られている『太田垣系図』には光朝を除いてその名を欠き、太田垣氏には不明な点が多いようです。 ▲ページTOPへ

八木氏

asakura kuki 三つ盛木瓜/九曜(日下部氏朝倉氏族 右:見聞諸家紋にみえる八木氏の横木瓜紋武家家伝
八木氏は、開化天皇の子孫とされる但馬の表米王から数代のち、古族日下部氏から出て養父郡朝倉庄に城を築いた朝倉高清の次男安高(一説に孫)が、但馬国養父郡八木を領して八木氏を称したのが始まりとされています。すなわち、朝倉信高の弟である八木新大夫安高、小佐(養父市八鹿町)次郎太郎、、三郎大夫らが養父郡宿南荘に、それぞれ新補地頭や公文に任じられ、それぞれ地名を名字として但馬各地に割拠したのです。 日下部氏の嫡流は朝倉氏であったようですが、承久の乱において朝倉信高は京方に味方して勢力を失い、朝倉氏の庶流が越前に住み、一乗谷にて守護代に成長しました。但馬では朝倉氏に代わって鎌倉方に味方した八木氏が勢力を拡大しました。以後、同地の豪族として成長し、南北朝期には但馬守護山名氏の配下となり国老四家(山名四天王)のひとつと呼ばれました。 見聞諸家紋をみると「横木瓜紋」が日下氏の注記をもって八木氏、太田垣氏の家紋として収録されています。
■参考略系図
(日下部) (三方江大夫) 佐晴━┳━清奉━俊清━清行    ┃(軽部六郎大夫)     称太田垣    ┣━俊通━俊家━俊村━光村━光忠━光保━保善━光善    ┃(朝倉余三大夫) 称八木新大夫    ┗━宗高┳高清━┳安高━━┳━高時    ┃   ┃    ┃八木次郎太郎    ┃   ┃朝倉八郎┣━高朝━高重    ┃   ┣信高  ┃八木三郎    ┃   ┃    ┣━高吉━┳家高━━┳泰家━┳重家━━家直━┳高重━直重┓    ┃   ┃七美五郎太夫   ┃    ┃   ┃       ┃又次郎  ┃    ┃   ┗長高  ┃    ┃宿南三郎┃   ┃       ┗家知   ┃    ┃小佐次郎太郎  ┃    ┃左衛門尉┃   ┣重能       ┃    ┣盛高━頼重    ┃土田三郎太夫 ┃    ┣能直  ┃   ┃五郎左衛門 ┃    ┗高経━則高   ┃    ┃寺木七郎┃   ┗泰清 ┃       ┃  ┃   ┃刑部左衛門 ┃ ┃    ┣高茂  ┣家信━━重信     ┃ ┃  ┃田公八郎右衛門尉     ┃ ┃ ┗高時  ┗高秀━━高広 ┃ ┃八木五郎 奈佐左衛門尉 ┃ ┗━高重━━高盛     ┃     ┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛        ┃   兵庫助    ┃ 但馬守┏遠秀  山城守    ┗重秀┳頼秀┳重頼━宗頼━╋豊賀━┳豊重━┳泰春   ┃  ┃ ┃ ┃ ┃   ┣女子┃垣屋氏 ┃ ┃   ┗吉春       ┃∥ ┗(光成?) ┃大和守 兵庫助 ┃垣屋氏(豊続?) ┃   ┣通賀━━時賀   ┃ ┃ ┃       ┗女子 ┃ ┃左京亮    ∥ ┃ ┗直賀    太田垣氏(朝長?) ┃ ┃  但馬守 但馬守 ┣貞直━┳直信━━豊信━┳信慶 ┃ ┃ ┃ ┃ ┗貞清━信久 ┗女子 ┃  ∥ 但馬守 但馬守 ┗宗世━━誠頼      ∥━━光政━┳宗直━高豊 垣屋信貞   ┃ 信成次男   ┣豊政    ┃    ┗豊次 八木庄は朝倉庄から数キロ西に位置します。八木城は平安時代末期の康平六年(1063)頃、閉井四郎頼国が源義家から但馬国を与えられ、この地に築城したのが始まりとされています。その後、鎌倉時代初頭の建久五年(1194)に朝倉高清が源頼朝から但馬国を与えられ、八木から東へ約 4.7キロメートル離れた朝倉に城を築きました。やがて、閉井氏と朝倉氏が対立し、朝倉氏が閉井氏を滅ぼします。その後、朝倉高清は第二子の重清を八木城に入れ、八木氏を名乗らせました。以後、八木氏は十五代三百余年にわたって同地に勢力を振るいました。 家系図の壬生本系図によると、宗高の孫、高景の弟、安高が八木に移り、八木氏を名乗りました。安高の弟、信高が浅倉氏を継いでいますが定かではありません。庶家に但馬国では太田垣、養父、小和田、軽部、宿南、奈佐、田公、阿波賀等があり但馬国最大一門となります(壬生本系図)。 信高の三男八木三郎高吉の子に、宿南氏の祖、宿南三郎左衛門能直、寺木七郎高茂、田公八郎右衛門尉高時です。 八木氏は幕府との関係強化につとめ、四代高家は執権北条貞時に、つぎの泰家は北条高時、「元弘の争乱」で幕府が滅亡してのちは将軍足利尊氏に従いました。そして、泰家の子重家は、但馬国守護の山名時氏および時義の重臣として活躍したといいます。しかし、南北朝期から室町時代における八木氏の消息は皆目といっていいほど分からない、というのが実状です。 たとえば、南北朝期、八木荘の隣郷の小佐荘にいた但馬伊達氏の文書のなかにも八木氏は出てきません。ただし、系図だけはしっかりしたものを残しています。同系図は『寛政重修諸家譜』が編集されたとき、八木勘十郎宗直が提出したもので、これには『但馬太田文』に記載されている八木姓の地頭・公文たちの名がすべて載っていて、系譜上の位置も矛盾がないそうです。 八木氏に関する系図以外の史料では、わずかに宗頼・遠秀に関する事蹟がしたためられている「八木遠秀絶筆歌後序」ぐらいです。とはいえ、八木氏は養父郡八木庄に本貫を置き、南北朝初期、山名氏が但馬守護に補せられたのち、その被官となったようです。
●風流の武士 八木宗頼
yagijou 八木城趾 八木氏の名が史上に現れるのは八木宗頼の代で、室町時代の宝徳(1449)のころから、文明十六年(1484)までの三十五年間です。宗頼は文学も親しむ武人で、毎年正月には漢詩をつくるのを例にしていたといわされています。寛正六年(1465)三月、将軍足利義政臨席の洛北大原野の花見盛会に、主君山名宗全とともに招かれたことが知らされています。また、応仁の乱後に、いわゆる五山僧との間でやりとりされた漢詩に関する史料も残っています。文明十二年(1480)ごろ、主君山名政豊が京都から但馬へ下国したのに従い、同十三年には一時的に但馬守護代となっており、一方、大徳寺の春浦宗熈との交流があったことから、春浦について参禅していたらしい。但馬在国中の宗頼は春浦に詩を寄せ、その詩によると居所に高楼二宇を築造して、宋代の隠者林通にちなむと思われる「月色」「暗香」の字を選んで扁額にしていたことがうかがわされています。このように八木宗頼は、和歌・連歌、そして漢詩のいわゆる和漢に造詣をもった風流の士だったのです。 文明十五年(1483)十二月、山名政豊の軍勢が播磨と但馬の国境真弓峠で、赤松政則の軍を破り南下しました。翌年二月、播磨野口の合戦において、宗頼は北野神像すなわち菅原道真の像を見つけだしました。像を得た宗頼は大いに喜び、相国寺の横川景三に賛辞を求め、子孫に伝えて敬神の範にしようとしたと伝えています。 宗頼の卒去については不明ですが、文明十六年以降、その存在を記す史料が見当たらないこと、のち山名と赤松の争いが激化し、延徳から明応のころ(1489~1500)になると子の豊賀が史料に現れてくる。おそらく、その間の数年のうちに宗頼は亡くなったものと思わされています。 八木氏歴代のなかで、とくに宗頼に史料が多く見られるのは、かれの教養が高く和漢に対する造詣も深く、交流をもつ人々に風流な公家や僧侶がいたからであろう。しかし、かれの作った作品が多かったにもかかわらず、その筆跡が伝わっていないのは残念なことです。 ▲ページTOPへ

宿南(しゅくなみ)氏

asakura 三つ盛木瓜(日下部姓八木氏族) 武家列伝
■参考略系図

八木次郎 八木高吉━┳━泰家━━重家  ┃  ┃ 宿南三郎  ┃ 左衛門尉    左衛門太郎 右馬允 因幡守 因幡守  ┗━能直━┳重直━┳信直━━━━知直━━実直━━氏実━┓   ┃   ┃ ┃   ┃   ┣頼直  ┃   ┃   ┃ ┃   ┃   ┗忠直 ┃   ┃藤内左衛門 ┃   ┣能清━┳高教━━高義 ┃   ┃   ┃大炊左衛門 ┃   ┃   ┣高基 ┃   ┃   ┃源内左衛門 ┃   ┃   ┗能泰 ┃   ┃ ┃   ┗高直━┳清直 ┃   ┃ ┃   ┣朝直 ┃   ┃ ┃   ┗親直 ┃ ┃ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃  山城守 左京亮 左京亮 ┣明栄━┳忠実━┳続弘━┳実弘 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃新兵衛尉 ┃ ┗清弘 ┣道範 ┃ ┃因幡守 与三左衛門    山城守 十郎左衛門 ┃ ┃ ┣持実━━成実━┳保実━┳━信久━━庄三郎 ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃安芸守 右京亮┃左衛門尉 ┃ ┃ ┗実家━┳持家 ┣実清 ┗保綱 ┃ ┃ ┃ ┃筑前守 ┃ ┃ ┗実光 ┗能教 ┃ ┃太郎左衛門  美濃守 大隅守 民部左衛門 ┃ ┗知実━━実重━┳続元━┳直清━┳孝直 ┃ ┃ ┃美濃守┃紀三郎 ┃  勘解由 ┗重秀 ┣実次 ┣直知━仙菊丸 ┃備中守 左衛門 新兵衛 ┃ ┃監物丞 ┗道昌━┳実則━┳正吉 ┗直典 ┗忠雅━幸千代丸 ┃ ┃勘解由左衛門 三宅清左衛門 ┣実宗 ┗実忠 ┃若狭守 ┗祐清

宿南氏の祖という三郎左衛門能直は、八木新大夫安高の孫にあたり、養父郡宿南庄(養父市八鹿町宿南)に宿南三郎左衛門能直(初代?)の長男重直を宿南庄に置いていましたが、康永年間頃(1342-45)、宿南太郎佐衛門信直によって築城し、地頭館を山に移したといわれ、田中神社附近に居館址が残る。宿南城に拠って中世の但馬を生きた。

宿南氏は朝倉氏、八木氏、太田垣氏らと同じく、古代豪族日下部氏の一族です。日下部氏は孝徳天皇の皇子表米親王を祖として朝倉・宿南氏をはじめ八木、太田垣、奈佐、三方、田公の諸氏が分出、一族は但馬地方に繁衍しました。

嫡流は朝倉氏でしたが、承久の乱(1221)において朝倉信高は京方に味方して勢力を失い、代わって鎌倉方に味方した八木氏が勢力を拡大しました。すなわち、信高の兄弟である八木新大夫安高、小佐(おざ)次郎太郎、土田(はんだ)三郎大夫らが新補地頭や公文に任じられ、それぞれ地名を名字として但馬各地に割拠したのです。宿南氏の祖という三郎左衛門能直は、新大夫安高の孫にあたり、養父郡宿南庄に館を構えたといいます。いまも宿南野の一角に「土居の内」と呼ばれる字があり、周辺にはかつて地頭館があったことをうかがわせる地名が残っています。 宿南氏は八木一族のなかにあって、ただひとり関東御家人でした。 ●宿南氏の軌跡

重直の孫知直の代に元弘の変(1321)に遭遇、知直は小佐郷の伊達氏とともに千種忠顕に属して転戦したことが知られます。やがて、鎌倉幕府が滅び建武の新政が成りましたが、足利尊氏の謀叛によって南北朝の動乱時代となりました。知直は宮方に属して、建武二年(1335)新田義貞を大将とする尊氏討伐軍に加わって東下しました。そして、箱根山における足利勢との戦いで、あえなく討死しました。

その後、南北朝の内乱は半世紀にわたって続き、但馬でも両軍の戦いが展開されました。宿南氏は南朝方として行動し、北朝方の討伐戦によって北朝方の手に落ちた宿南庄は、矢野右京亮が地頭に任じられました。所領を失った宿南氏は知直に代わって父の信直が一族を指揮し、やがて北朝方に転じて活躍、失った宿南庄の地頭職を回復しました。

尊氏と弟直義が争った観応の擾乱に際しては尊氏方として行動、観応の擾乱が終熄したあとは、但馬守護となった山名時氏に従ったようです。時氏ははじめ尊氏方でっしたが、その後、直義の子直冬に味方して南朝方に転じました。宿南氏もこれに従ったため、延文元年(1356)、尊氏方の伊達氏の攻撃を受けました。ときの宿南氏の当主は、知直の子実直であったようで、よく伊達勢の攻撃を防戦しています。

その後の南北朝の動乱のなかで、宿南氏がどのように行動したかは、必ずしも明確ではありません。宿南氏系図を見ると、氏実─朝栄─忠実と続き、宿南城に拠ってよく時代を生き抜いたようです。宿南氏の名がふたたび記録にあらわれるのは、応仁の乱において、山名宗全の催促に応じて上洛した山名家臣団のなかにみえる宿南左京です。左京は忠実の嫡男左京亮続弘と思われ、続弘は八木氏から入って宿南氏を継いだ人物とされています。忠実には実子持実がいましたが、一族で山名氏の重臣である八木氏から養子を迎えることで宿南氏の安泰を図ったものでしょう。

ちなみに、宿南氏は八木氏とは代々密接な関係をもっていたことが「八木氏系図」からも伺われます。八木氏の系図のなかに宿南氏の系図が併記されており、しかも、兄弟の少ない八木氏とは対照的に、それぞれの代ごとの兄弟も書き込まれているのです。おそらく、一族の少ない八木氏を支えるかたちで宿南氏が存在し、それゆえに八木氏の系図に同族的扱いとして記されたものと思われます。 但馬征伐と宿南城 ▲ページTOPへ

田公氏(たきみし)

onode_2 家紋:木 瓜(日下部氏流) *日下部氏の代表紋として掲載。 田公氏の紋は不詳。 武家列伝
七美(美方郡東部)村岡・城主。田公氏は但馬国の日下部氏族八木氏から別れた中世豪族で、その出自は、孝徳天皇の皇子表米親王の末裔が田公郷に土着して田公氏を名乗ったものといい、『和名抄』の二方郡田公郷、『但馬太田文』の二方郡田公御厨を本拠とし、田公を称するようになりました。すなわち、太田垣・八木・朝倉の諸氏と同じく日下部一族ということになります。八木系図によると、朝倉高清の長男・安高の三男・高吉の四男に田公氏を名乗った田公八郎右衛門尉高時がいます。美方町氏所収系図によると、朝倉宗高━高清の子に田公四郎高経(たかつね)が現れてきます。山名氏が山陰諸国を制圧した南北朝期にその被官となり、戦国時代、山名誠通のころには因幡守護代となった田公遠江守高時(時高とも)、同次郎左衛門尉清高がみえ、代々、因幡国八上郡日下部城を居城にしたといい、いまも因幡に田公姓があります。 田公氏の系図については異同が多いですが、孝徳天皇の皇子表米親王の子孫で、朝倉高清から出ていることは、諸系図一致しています。とはいえ、田公氏の系図ならびに居住地については疑問が非常に多いといわざるをえないのです。 田公氏は、田公氏の小代における城跡も明確ではないようですし、墓所もそれらしいものが見当たらないようです。ただ、居城である城山城(香美町小代区忠宮)は天正五年(1578)に落城したため、田公氏の歴史が分からなくなったのでしょう。また、七釜(しちかま)城主であった田公氏嫡流も元亀年中頃(1570~72)まで活躍していましたが、その後の動向は不明です。
田公氏の軌跡田公氏の祖といわれる朝倉高清は、承久三年(1221)に没したといい、高清から数えて八代目が綱典とされていますが、居城が落城した天正五年(1577)までの間は、三百五十余年となり、系図に記される世代は二から三人の名前が脱落したものと思われます。 応仁の乱における西軍の総帥山名持豊の命令に従って、京都に集結した山名軍のなかに田公美作守・同能登守らの名が見えています。文明十五年(1483)からの山名政豊の播磨侵攻に田公肥後守豊職が従軍し、垣屋越前守らと播磨蔭木城を守っていましたが、同十七年三月、赤松政則に急襲され垣屋一族多数が討死して城は落城しました。田公肥後守はかろうじて城を脱出して、政豊の拠る坂本城に急を報じましたが、戦いはすでに終わっていて救援することができませんでしました。 長享二年(1488)八月、六年間にわたる播磨遠征に疲れた山名政豊は、兵を収めて但馬に撤退しようとしました。田公肥後守父子と政豊の馬廻衆がこれに同調しましたが、垣屋氏以下の諸将は戦闘継続を主張し、政豊は孤立して田公父子と馬廻衆に守られて播磨を脱出しました。政豊の敗戦を問責し、嫡子俊豊擁立を望む諸将の動きに対して、田公父子は政豊を奉じて木崎城(のちの豊岡城)に拠って、最後まで山名政豊を支持しました。 やがて、守護権力は弱体化し、守護職も有名無実化していきました。それでも、政豊は幕府内である程度の力を保持していたようですが、明応八年(1499)に没し、次男致豊、三男誠豊が家督を継承しました。そして、田公氏は勢力を失っていきました。 久須部村から流れる川と、秋岡村から流れる湯舟川にはさまれた小高い岡の上にあったのが大谷城です。小代(おろ)城とも呼ばれました。建久年間に朝倉景雲が城を築きました。正応年間に田公清高が親方になり、九代続きましたが天正五年十月、綱豊入道秋庭のときに落城しました。この城主が現在の村岡町内に出城をつくっています。大谷城は、七美(ひつみ)の古城の中心であるといえます。 支城として、村岡区総合庁舎の裏山、観音山に大谷城主田公氏の一族の高堂城がありました。 祖岡村(けびおかむら)に鎌倉時代温泉庄の奈良宗光の弟の正員(まさかず)が築城したと伝えられる祖岡城があります。建久のころ(1190~1198)には養父郡八木氏の一族高茂の城となり、八木氏のあと康永年間(1342~1344)以後は中村氏の城となって、大谷城主田公氏の支城となりました。天正八年(1580)六月十八日、秀吉(実勢部隊は秀長)が因幡鳥取県)に攻め込んだ時に、この城に休憩し、道案内までしたのですが、天正十年八月十五日夜、入浴しているところを刺され、その後絶えたといわれています。 祖岡城から川に沿って東に三キロほど行ったところ(国道9号線春来峠付近)、長板村に祖岡城の支城、長板城があり、これも田公氏の城です。天正五年(1577)十月、羽柴秀吉の家臣、藤堂孝虎が大谷城を攻めたとき、長板城を捨て大谷城とともに秀吉方に戦いをいどみましたが力つきて敗れ、それ以後廃城となりました。 戦国時代後期、入道して秋庭と称した田公綱典は、天正五年(1577)羽柴秀吉(指揮者は秀長)の第一回但馬侵攻にあたって、本城である城山城、および支城である村岡の城を捨てて、因幡国気多郡宮吉城の同族田公新介高家を頼って逃走しました。その後、山名豊国に従って羽柴軍と戦い、豊国が羽柴軍に降って鳥取城攻囲軍に加わると、それに従軍し、のちに豊国が七美郡を領するようになると、村岡に戻り、豊国に仕えました。以後執事となり、長男の澄典も山名氏に仕えて用人を勤めました。 禅のお坊さんとして有名な沢庵和尚は、綱豊の次男宗彰ですから美方町出身となります。 ところが、出石方面では山名の家老秋庭能登守綱典という者がいました。これは三浦大介義昭の弟義行が相模国高座郡秋庭に住み、地名をとって秋庭を号したといいいます。あわただしい戦国末期の世相のなかで秋庭能登守は出石郡の小坂村大谷に引隠して帰農しています。 いずれにしろ、沢庵宗彭は但馬に生まれたことは間違いないようですが、田公氏の生まれか、平姓秋庭氏の生まれかは異論が多いところです。しかし、沢庵宗彭は平姓秋庭氏の生まれとするのが通説のようです。
■参考略系図
(日下部) (三方江大夫) 佐晴━┳━清奉━俊清━清行・・               ・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・ ・・・佐清┳清季━┳清国(小和田)      ┃(三方)┣季平          ┣清泰 ┣季貞(山本)         ┃   ┗家清           ┃(軽部)           ┣俊通━┳俊家      ┃   ┗俊真        ┃(朝倉)   (八木)  ┗宗高━┳高清┳安高  ┃ ┃      ┣高綱┗信高  ┃    ┃田公四郎  ┗高経┳高行━朝政━時広   清景┃景弘   美作守 ┣景高┳景典━(清典)┳清伴━景実┓ ┃  ┃   ┃ ┃ ┗清弘┗景親   ┗(政典) ┃ ┃ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃  入道秋庭 ┃ 美作守  肥後守 肥後守  伊賀守 能登守 ┗━(時綱)━━(時宗)━━(時伴)━━綱景━━綱典━┳澄典 ┃ ┣真典━沢庵宗彭 ┃ ┗沢庵宗彭 ▲ページTOPへ 出典: 「郷土の城ものがたり-但馬編」兵庫県学校厚生会 武家家伝 フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』他
室町 薄群青(うすぐんじょう)#5383c3 最初のページ戻る次へ
Copyright(C)2002.4.29-2009 ketajin21 All Rights Reser E-mail
広告を非表示にする