但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

第3回 姫路城の歴史と人物

姫路城の歴史を人物でたどる。

1.最初の築城説

赤松貞範築城説と黒田重隆築城説がある。

■赤松貞範築城説 『赤松播磨録』(延享4年(1747)) 『播磨鑑』(宝暦12年(1762))典拠 貞和2年(1346)築城の根拠…正明寺板碑

黒田重隆・職隆(もとたか)築城説 天文24年(1555)から永禄4年(1561)の間 根拠…姫道御構(ひめじおんかまえ)の存在確認 (姫道村助太夫の畠地売券(正明寺文書)) ※永禄4年(1561)12月に、姫道村助太夫が、母屋藤兵衛尉に畠地を直銭弐貫七百文で売った。土地の場所は「姫道御構東門之口、妙楽寺の西」にあったという。

2.中世の姫路城  ※「姫路城史」橋本政次著説

■1代 初代城主 赤松貞範(貞和2年(1346)) -その後、貞範が庄山城へ(1349)

■2~5代 第一次小寺氏 頼季(よりすえ)-景治ー景重-職治(もとはる) -貞和5年(1349)~嘉吉元年(1419)

■6代 山名持豊(宗全) 嘉吉の変後赤松氏滅亡後、播磨守護職として姫路城主 嘉吉元年(1441)

■7代 赤松政則 赤松宗家を再興し、姫路城主に 応仁元年(1467) -その後置塩城へ(文明元年(1469))

■8~10代 第2次小寺氏 小寺豊職(とよもと) 文明元年(1469) 応仁の乱に遭遇 小寺政隆     延徳三年(1491) 御着城を築く 小寺則職(のりもと) 永正16年(1519) 御着城主に転ず

■11代 八代道慶(小寺家家老)姫路城を預かる 享禄4年(1531)~天文14年(1545)


■12~14代 黒田氏三代(約35年間) 小寺氏家臣であった黒田重隆 小寺氏の命により、御着城から姫路城へ移る。 重隆によって居館程度の規模であった姫路城の修築がある程度行われ、姫山の地形を生かした中世城郭となったと考えられている。

12 黒田重隆 天文14年(1545) -職隆 永禄7年(1564) -孫の孝高(官兵衛、如水) 永禄10年

天正8年(1580) 黒田孝高 秀吉に「本拠地として姫路城に居城すること」を進言し、国府山城へ移る。

■15~17代 秀吉三代(約20年)

天正5年(1577) 羽柴秀吉 播磨へ侵攻 天正8年(1580)秀吉 播磨平定 天正9年(1581)三重の天守完成

天正11年(1583)羽柴秀長天正13年(1585)木下家定

3.近世の姫路城

■18~20代 池田氏三代(約17年)

・慶長5年(1600) 池田輝政 三河吉田15万2千石から関ヶ原の戦いの戦功により52万石に加増入封 三木、明石、平福龍野、赤穂、高砂に支城

・慶長6年(1601)~慶長14年(1609) 白亜の姫路城築造 総構えの城下町 8年掛けた大改修で広大な城郭を築いた。 普請奉行 池田家家老伊木長門守忠繁、大工棟梁は桜井源兵衛 作業には在地の領民が駆り出され、築城に携わった人員は延べ4千万人 - 5千万人であろうと推定されている。

・慶長5年(1600) 池田輝政 ・慶長18年(1614) 池田利隆 ・元和2年(1616年池田光政 →元和3年(1617)因幡鳥取へ転封

4.譜代・親藩大名の入・転封

■21~23代 本多家三代(第一次本多氏22年間)

・元和3年(1617) 本多忠政 伊勢桑名10万石から15万石に加増され入城 ・元和4年(1618) 千姫が本多忠刻に嫁いだのを機に西の丸造営、御殿群築造

本多忠政-政朝-正勝 寛永16年(1639)大和郡山

■24・25代 奥平松平家 忠明 寛永16年(1639)大和郡山より 忠弘 正保元年(1644)出羽山形へ

■26・27代 越前松平家(結城) 直基 慶安元年(1648)出羽山形より 直矩 慶安元年(1648)越後村上へ

■28・29代 榊原家 忠次 慶安2年(1649)陸奥白河より 政房 寛文5年(1648)

■30代 再度越前松平家 直矩 豊後日田へ

■31・32代 再度本多家 忠国 天和2年(1682)陸奥福島より 忠孝 宝永元年(1704)越後村上へ

■33~36代 再度榊原家 政邦 宝永元年(1704)越後村上より 政祐 享保11年(1726) 政岺(まさみね) 享保17年(1732) 政永 寛保元年(1735)越後高田へ

■37・38代 再々度越前松平家 明矩(あきのり) 陸奥白河より 朝矩(とものり) 上野前橋へ

■39~48代 酒井家十代

39 酒井忠恭(ただずみ) 寛延2年(1749)松平朝矩と入れ替わり前橋城より入城する。 40 酒井忠以(ただざね) 安永元年(1772) 41 酒井忠道(ただひろ) 寛政2年(1790) 42 酒井忠実(ただみつ) 文化11年(1814) 43 酒井忠学(ただのり) 天保6年(1835) 44 酒井忠宝(ただとみ) 弘化元年(1844) 45 酒井忠顕(ただてる) 嘉永6年(1853) 46 酒井忠績(ただしげ) 万延元年(1860) 47 酒井忠惇(ただとう) 慶応3年(1867) 48 酒井忠邦(ただくに) 明治元年(1868)

広告を非表示にする