但馬国ねっと風土記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

第4回 姫路城の縄張り・普請

Ⅰ.選地

築城は四要素 選地・縄張・普請・作事

1。選地

城をどこに置くか -城の防御と領国経営の要諦

山 城    →  平山城・平城 (防御主体)  (領国経営主体)

姫路城は、理想的な選地

・三方を山に囲まれ ・市川・夢前川が流れる平野の中央 ・交通の要衝に恵まれた地

姫山と鷺山の高低差を生かした平山城

【四神相応】 中国儒書『礼記』(らいき)…都城の理想的な選地

(姫路城)  (平安京) ■東 青龍 <流水>  市川     鴨川

■南 朱雀 <窪地>  瀬戸内海   巨椋池

■西 白虎 <大道>  山陽道    山陽道

■北 玄武 <丘陵>  広嶺山系   船岡山

2.縄張

築城における曲輪や建物の配置、計画、城下町の地割すなわち築城の総合的な計画・設計

■縄張のタイプ

・輪郭式・・・大坂城駿府城など ・梯郭式・・・岡山城、熊本城、萩城など ・連郭式・・・彦根城水戸城など

■姫路城の縄張(全体)

・らせん状(左巻き)に三重の堀 ・三つの曲輪 内曲輪(内堀内)・・・城郭と居館 中曲輪(中掘内)・・・侍屋敷 外曲輪(外堀内)・・・町家、寺町、侍、組屋敷

・総構えの縄張 城と城下町全体を土塁と堀で囲んだ縄張

■姫路城の縄張(内曲輪)

・二つのタイプの縄張が共存 姫山・・・小さな曲輪・ひな壇状に集合 迷路のように複雑に分かれた古いタイプの縄張(秀吉時代の曲輪利用) 鷺山・・・一つの大きな曲輪(西の丸)

Ⅱ.普請(ふしん)

■普請とは・・・築城における土木工事または土木工事を伴う建築工事

・石垣  石垣を築く ・堀   堀をうがつ ・土塁  土塁を盛る

広告を非表示にする