但馬国ねっと風土記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

但馬国ねっとで風土記

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

気多郡太多郷(西気村・清滝村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

日高町東部を円山川が北流する。町西部は神鍋高原で、スキー場が多数立地する。 スキー場に行く途中に「植村直己記念館」がある。 冬には日高町全体に積雪するが、1月に集中的に積雪した後、2・3月はあまり降雪しない傾向にある。

神鍋高原はスイカとキャベツの栽培に適した気候であり、かつてはスイカ、キャベツ、いちごの特産地であった。現在は若者の田舎離れに歯止めが利かず、田畑が放置される傾向にある。

【沿革】

1889年(明治22年)4月1日、気多郡西気村が発足。 1894年(明治27年)12月15日、西気村と清滝村に分立。 1896年(明治39年)4月1日 - 気多郡が美含郡とともに城崎郡へ編入される。 1925年(大正14年)11月1日 - 町制を施行し日高町となる。 1955年(昭和30年)2月1日 - 養父郡宿南村の一部を編入。 1955年(昭和30年)3月25日 - 日高町、国府村、八代村、三方村、西気村、清滝村が合併し、新しい日高町が発足。 2005年4月1日、豊岡市および城崎郡城崎町竹野町出石郡出石町但東町と合併し新しい豊岡市になった。 (ウィキペディア

倭名類聚抄(倭名抄)に、 「弘安太田文」、伊勢大神宮領。気多郡太多(ノ)荘、田80町。

太多郷 「但馬郷名記抄」 山守郡(コオリ)…石作部(今の石井)・太多村(今の太田)・止美部(村)(今の十戸)・壬生部・稲葉(古語は以奈婆)・巨智部(今の東河内?)・秦部・的部(今の万場?)・錦部 栗栖・太刀宮(神社地から今の庄境)・田口・羽知(今の羽尻)

「倭名類聚抄」 十戸・比垣(コロガキ・今の頃垣)・漆垣・山(ノ)宮・石井・太多(今の太田)・杤本(今の栃本)・東河内(ヒガシゴウチ)・水口(ミノクチ)・稲葉(イナンバ)・萬却(マンゴウ・今の万却)・山田・萬場(今の万場)・名色(ナシキ)・栗栖野(クリスノ)・荘境(今の庄境)・久田谷・田(ノ)口・羽尻の19邑

『校補 但馬考』に、以上の記載の後、 この郷は七美・美含の隣にて、郡の西の境なり。これより三方・楽前まで三郷34村。これを西下谷(ニシノゲダニ)と称する。この内、漆垣村は、今は絶えたり。とある。

近代、田ノ口・羽尻は、三方村になっているが、太多郷であった。羽尻の東にある殿、田ノ口の南西にある広井は三方郷。田ノ口・羽尻・庄境は豊岡市立三方小学校区、久田谷は道場・夏栗に近く豊岡市立静修小学校区となっている。十戸、頃垣、石井、山宮、栃本、太田、名色は豊岡市立清滝小学校区。

田ノ口には清瀧神社が、羽尻には萬場神社があるので、不思議に感じられるが頷ける。

「太多」の由来

『但馬神話』(気多郡故事記版) 3.神功皇后新羅征伐 にくわしく書いているが、

神功皇后45年、新羅朝貢(1)しませんでした。将軍である荒田別命(あらたわけのみこと・豊城入彦命4世の孫)・鹿我別命(かがわけのみこと・大彦命の末裔)は、新羅に行き、征伐しました。

比自[火本](ひしほ)・南加羅・啄国(とくのくに)・安羅(やすら)・多羅・卓淳(とくじゅ)・加羅の七国を平定しました。なお兵を移して西に廻り、古奚津(こけつ)に至りました。南蛮(ありひしのから)を倒し、百済(くだら)に行きました。

百済王は古沙山に登り、磐石の上にすわり、ちかって云いました。 「もし草を敷いて座ろうとすれば、恐らくは火で焼かれるだろう。木を取って座ろうとすれば、恐らくは水のために流されるであろう。枯れ磐石にすわり、盟(ちかい)を表わし、永久に臣を称すると信じよ。」

二人の将軍は、これらにより、増封され、荒田別命に多遅摩(たじま)の太多邑(ただむら・いまの西気地区?)(2)および山口邑(いまの清滝地区?)を与えられました。

第16代仁徳天皇の元年4月に、 物部多遅麻連公武の子・物部多遅麻毘古(たじまひこ)を、多遅麻国造とし、府を日置邑に移しました。

物部多遅麻毘古は、物部多遅麻連公武を射楯丘に葬りました。

5月、将軍荒田別命は、子の多奇波世君(たけはせのきみ)の弟・田道公(たみちのきみ)を山口邑に置き、田道公の子・多田毘古を多他邑(2)に置きました。 ゆえに、多他毘古を名づけて、多他別の田道と云います。

多他の名は、この荒田別命が夜夫県主(やぶあがたぬし)(三代)・竹野彦命の娘・宇日比売命(ういひめのみこと)を娶り、多奇波世君(他に竹葉瀬公と書く)・田道公(他に田路と書く)を生んだことに基づきます。

2年春3月、物部多遅麻毘古は、物部多遅麻連公武の霊(みたま)を気多神社に合祀しました。

これにならい、葦田首(あしだのおびと)は、鍛冶(かじ)の祖・天目一箇命を鍛冶丘に合祀しました。(式内葦田神社・豊岡市中郷) 楯縫首(たてぬいのおびと)は、楯縫の祖・彦狭知命(ひこさちのみこと)を楯屋丘に祀りました。(式内楯縫神社・豊岡市日高町鶴岡(多田谷) 伊多首は、鏡造りの祖・石凝姥命(いしこりどめのみこと)を鋳含(いふく)丘に祀りました。(式内井田神社・豊岡市日高町鶴岡) 石作部連土師陶人(はじのすえびと)等は、その祖・建碗根命・野見宿祢命を陶谷(すだに)丘に合祀しました。(式内須谷神社・豊岡市日高町藤井) 日置首は、その祖・櫛玉命(くしだまのみこと)を日置丘に祀りました。(式内日置神社豊岡市日高町日置)

49年、新羅は(またもや)朝貢しませんでした。したがって、荒田別命の子・多奇波世君を責めたので、白鹿を獲って帰り、これを献上しました。重ねて、その弟の田道公を遣わしましたが、新羅はあなどりそむきました。田道公はこれを撃破し、4邑の人民を捕虜にして帰りました。

55年、蝦夷(えぞ)がそむきました。田道公を遣わして、討たせました。しかし、田道公の軍は敗れ、奮闘して死んでしまいました。土地の人がそれを心痛めて葬りました。蝦夷はますます怒り、略奪せんとその塚をあばくと、中に大蛇がおり、死体はほとんどありませんでした。

広告を非表示にする