但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

気多郡気多郷(国府村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

「倭名類聚抄」(倭名抄)に、 古者が云うには、国府があった。後に高田郷へ置いた。 延暦三年紀に、但馬国気多団が置かれた。 神名式(延喜式神名帳)に気多郡気多神社。 弘安大田文に、 気多の上郷の田111町、下郷の田73町。但馬考に、今の府中組。山本・松(ノ)岡・土居・手邊(辺)・国府(コウノ)市場・掘・野野荘・池(ノ)上・芝の9邑。 祀典所は伊智神社と云う。国府(コウノ)市場に在り。御井神社は土居村に在り。三野神社は野野荘に在り。

【沿革】

国府

1989年(明治22年)4月1日、気多郡国府村が発足。 1896年(明治29年)4月1日、郡再編により、城崎郡国府村。 1955年(昭和30年)3月25日 - 日高町国府村、八代村、三方村、西気村、清滝村が合併し、新しい日高町が発足。 1958年(昭和33年)1月1日 日高町上佐野地区が分離し豊岡市に編入。 2005年(平成17年)4月1日 - 豊岡市出石町但東町城崎町竹野町と合併して新たな豊岡市が発足し、消滅。

国司文書 但馬故事記』の註解の執筆者・吾郷清彦氏は、 但馬国の他の郡では、いずれもみな県主・郡司等が置かれている。が、本郡には但馬の国司が置かれ、今日の県庁所在地的地域であったので、大県主から国造が任命され、のち国司・但馬守・但馬介と首長の名称が変わった。従って本郡県には、別に他郡司のごとき階級は置かれていなかったようである。

したがって気多には、国府があるので、実際には郷名も、気多郡気多郷は存在せず、気多郡国府または府中組と省略されていたようだ。