但馬国ねっと風土記

但馬国ねっとで風土記 【はてな】

専門家ではない視点からとらわれない最新の歴史から今を知る

気多郡狭沼郷(八代村)

より大きな地図で 但馬の式内社 を表示

狭沼郷

八代川が円山川に注ぐ豊岡市佐野から、八代谷を西へ行くと、峠を越えて、河江、小河江、さらに目坂から、西へまた峠を越えた現在の豊岡市竹野町床瀬・椒、三原までが旧気多郡狭沼郷で、細長く広範な郷。普通、上古から郡や郷・村は、地形によって自然発生的に成るものであって、自動車でも遠く狭い道を、当時は徒歩で行き来したとは信じられなかった。

国司文書 但馬故事記』に、狭沼郷が登場するのは、

人皇21代雄略天皇3年秋7月、 黒田大連をもって、多遅麻国造となし、府を国府村に遷す。 黒田大連は、天児屋根命の末裔にして、大職冠・藤原鎌足公5世の祖なり。

(中略)

17年春3月朔(サク)、詔して、土師等をしてまさに朝夕の御膳に盛る清器を進ぜしめ給う。 これにおいて、土師連の祖・吾笥は、すなわち摂津国来佐々村、山背国内村、俯見村、伊勢国藤形村および丹波・但馬・因幡の私部(きさいべ)を進む。

但馬国出石郡埴野村・養父郡土田村・美含郡阿故谷村を贄(にえ)土師部と云うは是なり。(阿故谷村のうち陶谷村・埴生村・小碗村はこれに属す)

18年春四月、気多郡陶谷村の人、陶谷甕主、出雲国阿故谷の人、阿故氏人、小碗氏人、等、美含郡に入り、阿故谷・陶谷・埴生・小碗にて、陶器・清(須恵)器の類を作り、部落を為す。

人皇40代天武天皇13年3月、 応神天皇の皇子 大山守命の裔、榛原公鹿我麿(はいばら・はりはらのきみかがまろ)を以って、但馬国司と為し(1)、位小錦上(2)を授く。 榛原公鹿我麿は気多郡狭沼を開き、墾田す。

14年秋八月 その祖大山守命を蜀椒(ホソギ)山に祀り、祭式を行う(3)。 朱鳥元年5月、小錦上・榛原公鹿我麿に務広参を授く。墾田の功に依るなり。 榛原氏の後裔はこの地に在り、蜀椒の実を採集し、油を絞り取り、これを朝廷に献ず。のち貢上を制(さだめ)とす。ゆえにこの地を名づけて、蜀椒(ホソギ)村と云う。

人皇26代武烈天皇三年夏六月 大鹿連は、その祖天児屋根命・黒田大連命を大鹿山に祀る。

(大鹿連の子大鹿首(おびと)は伊勢国造と為り、伊勢に遷る。子孫は世々大鹿に住むという)

人皇47代孝謙天皇天平勝宝元年6月、 大炊山代直都賀麿をもって但馬介となす。大炊山代直都賀麿、八代邑を開き、墾田をなす。 これに依って5年9月、その祖天砺目命を八代の丘に祀り、これを大炊山代神社という。また八代神社という。土人(くにびと)訛りて、思往(おもいやり)神社と云う。

[註] この記述から察すると、大岡は古くは大鹿で、大岡神社の神戸を祖とする気がする。

(1)国司の制が布かれたのは大化二年であるから、鹿我麿が初代但馬国司に任ぜられた天武天皇十三年(675)は、大化二年より40年後に当たる。 (2)十三階の制で小錦は第八階に当たる。さらに各階は上・下がある。 (3)式内社名神大) 蜀椒神社([木蜀]椒神社) 豊岡市竹野町

狭沼(サノ)郷

狭沼(サヌ・サノ)・鷹貫(タカヌキ)・葛井(フジイ)・陶谷(スダニ)・国棺(クノギ)・谷・大炊山代村(オオイヤマシロ)・八代・河合・椒(ハジカミ)・三原・猪爪(イノツメ)

『弘安太田文』に、

狭沼郷 田34町。觀喜光院領八代の荘田53町。 今は佐野と書く。弘安の比、八代谷を分けて別に一庄とする。 但馬考は、今の佐野荘は、佐野・上石(アゲシ)・竹貫の3邑。 八代谷は、藤井・奈佐路・谷・八代・猪(ノ)爪・奥八代・河江・椒・三原・段(ノ)十の10邑。

※陶谷は今の奈佐路、八代が奥八代とすると、大炊山代村の山代が八代中村である。 ※河江は、平安時代は河合とあり、その名の通り、三方の谷川が集まる所。『太田文』(鎌倉時代)にはすでに河江になっている。

【沿革】

気多郡狭沼郷 1889年(明治22年)4月1日、気多郡八代村が発足。 1896年(明治29年)4月1日、郡再編により、城崎郡八代村。 1955年(昭和30年)3月25日 - 日高町国府村、八代村、三方村、西気村、清滝村が合併し、新しい日高町が発足。 2005年4月1日、豊岡市および城崎郡城崎町竹野町出石郡出石町但東町と合併し新しい豊岡市になった。 (ウィキペディア